EC-CUBEで構築したオンラインショップと在庫を連動させる方法

EC-CUBEでオンラインショップを構築してみたい。またはEC-CUBEでオンラインショップを構築したけれど在庫が合わなかったり、在庫管理でお悩みではありませんか。

今回はEC-CUBEの基礎知識やEC-CUBEで構築したオンラインショップと在庫を連動させる方法についてご紹介します。

EC-CUBEとは

EC-CUBEはECショップ・オンラインショップ・ショッピングサイトなど、オンライン販売、ECサイトを構築できるCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。

まずはEC-CUBEがどのような特徴を持っているのかチェックしてみましょう。

無料でECサイトを構築できる

EC-CUBEはECサイトを構築できるソフトウエアであり、オープンソースなので無料で利用できます。

ECサイトを構築、運営するための機能がそろっているので、誰でも気軽にECサイト、ショッピングサイト、オンライン販売を始めることが可能です。

企業や組織など、BtoBやBtoCだけでなく、個人や小さい規模の組織でも利用しやすく、国内のシェア率も高いのでインターネット上にカスタマイズや利用方法などのノウハウが豊富な点も魅力のひとつと言えるでしょう。

サーバー条件(スペック)が合えばレンタルサーバーに構築可能

ECサイトやホームページを構築したことがない、またはウェブ制作に関する知識や経験を持つ人材がいない場合ですと「サーバー?ドメイン?」という部分からお悩みになるでしょう。

サーバーやドメインは自社によって管理しようとすると大変ですが、レンタルサーバーやドメイン取得サービスを利用することで特別な知識がなくてもECサイトを構築するサーバーやドメインを手に入れることが可能です。

そして、EC-CUBEはレンタルサーバーに構築可能なので、サーバーの管理やドメインの更新など外部サービスに任せながらECサイトの運営ができます。

決済方法が多彩で物流サービスとの連携も簡単

EC-CUBEは決済方法が多彩、物流サービスとの連携が簡単なともも大きな魅力と言えるでしょう。

特に決済や配送手段はECサイトを構築、運営するために欠かせない要素です。

EC-CUBEでECサイトを構築、決済や配送手段が決まったら、あとは商品の入出庫などの在庫管理さえ整えばすぐにでもオンライン販売が開始できるからです。

EC-CUBEの在庫数と実在庫を連動するなら「在庫管理システム」がおすすめ

EC-CUBEでECサイト・決済方法・配送手段が整ったら、次は実在庫と在庫数を連動する必要があります。

従来の在庫管理と言えば、紙ベースの帳簿による在庫管理、Excelによる在庫管理が思い浮かびますが、現在は在庫管理に特化した「在庫管理システム」の導入がおすすめです。

次に在庫管理システムの特徴についてチェックしてみましょう。

他のカートシステムとの連携も可能

例えば、弊社の提供する「らくらく在庫」であれば、EC-CUBEだけでなく、他のカートシステムとの連携・連動できます。プログラム言語や専門的なIT知識を必要とせず、簡単な設定だけで在庫を自動的に連動する仕組みです。

在庫管理システムと連携することで、EC-CUBEで構築されたECサイトの在庫数が自動的に連動してくれるので、在庫数が合わない、または売り切れなのに購入処理まで進んでしまってクレームになってしまうようなことが防げます。

特に初めてオンライン販売やECサイトを運営する場合、在庫管理は一番の悩みのタネとなりがちです。在庫管理システムを初期から導入することで、在庫管理における悩みを感じることなく、ECサイト運営を続けることができます。

楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングにも対応

在庫管理システムによっては、EC-CUBEや他のカートシステムとの連携だけでなく、楽天やAmazon、Yaoo!ショッピングなど各モールにも対応しているシステムがあります。

もちろん、弊社の提供する「らくらく在庫」も各モールと連携しており、もともと、楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングでオンライン販売をしていて、新たに自社ECサイトを構築した場合でも、そのすべてと連携することが可能です。

事務処理の負担を増やさず多店舗・複数店舗運営が可能

各種カートシステムや各モールと連携できるということは、多店舗・複数店舗運営が視野に入るということです。在庫管理システムによって一元管理が可能となり、入出庫から実在庫の管理、決済、発送などの流れがデータ化(見える可)しやすくなるので、事務処理の負担を増やさずに多店舗・複数店舗運営ができます。

同時に、商品ごと、出品先ごとに在庫数の割り振りができたり、それぞれの売上や販売の推移が早くしやすくなるので、中長期的な販売計画も立てやすく、在庫過多や売りきれなどの損を減らすことにもつながるでしょう。

まとめ:オンラインショップ運営を中長期的な目線から業務体制を構築しよう

初めてEC-CUBEでECサイト運営をする場合、またはもともとは各モールでオンライン販売をしている場合の両方で共通するのが、オンラインショップの業務内容はほぼ同じだということです。

例えば、自社ECサイトでも各モールに出品する場合でも、商品を入庫し、在庫数を管理、ウェブページによって商品を紹介・販売し購入されたら梱包して発送するという流れは変わりません。

そして、商品を販売していることを知ってもらい、購入してもらうためには、ひとつの場所にこだわらず、さまざまな場所で販売して広告効果や集客高価を高める必要があります。すなわち、中長期的、将来的なことを考えれば多店舗・複数店舗によるオンライン販売が必要なのは間違いありません。

在庫管理システムを利用することで、事務処理の負担やうっかりミス、ヒューマンエラーを少なくしながら、多店舗・複数店舗運営が可能となれば、必然的に売上も上がるということです。

だからこそ、初めてECサイトを運営するタイミングやEC-CUBEでオンラインショップを構築、運営するタイミングで在庫管理システムを導入することをおすすめします。

もし、在庫管理システムにご興味を持たれたのであれば、弊社の提供する「らくらく在庫」を検討くださると非常に嬉しいです。いつでもお気軽にご連絡、お問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がEC-CUBEでオンラインショップを構築、運営したい方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます