ネットショップの多店舗運営には「在庫管理システム」がおすすめ

ネットショップやECサイトなどオンライン販売を運営していると「多店舗・複数店舗に出店し、楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングでも販売してみたい」という段階が訪れるでしょう。

今回はネットショップの多店舗運営における課題や解決方法、ネットショップの多店舗・複数店舗を運営する時に役立つ「在庫管理システム」についてご紹介します。

ネットショップの多店舗・複数店舗運営における課題

まずはネットショップの多店舗・複数店舗運営における課題についてチェックしてみましょう。

モールやカートごとに事務処理があり一元管理が難しい

多店舗・複数店舗運営ではECサイトやモールごとに事務処理が必要です。

例えば、AのECサイトで商品が売れたら、Bのモールの在庫を減らす、または売りきれになったら各ECサイトや各モールの在庫を売り切れ・ゼロにする必要があり非常に大変です。

可能であれば一元管理したいところですが、それぞれのモール・ECサイトに管理画面があり、それぞれにログインして作業しなければならないため、なかなか難しいでしょう。

目視によるチェックはヒューマンエラーが避けられない

紙ベースの帳簿による在庫管理、またはExcelベースで在庫管理する場合は目視によるチェック、手作業で起こり得る「うっかりミス」や「ヒューマンエラー」は避けられません。

もちろん、取り扱う商品の数やそもそもの取扱い量が少なければ別ですが、多店舗への展開を考えるということは売上も伸びているはずなので、必然的に事務作業の量が増えてきます。

事務処理のミスによるストレスやリカバリーの作業負担は大きく、何よりも顧客やユーザーに関わるミスですとクレームにつながりかねません。

リアルタイム・24時間の対応が難しい

ネットショップやECサイトなどオンラインショッピングの利点の1つに「24時間好きな時に注文できる」ことが挙げられます。

しかし、物理的、人間的な部分を考えると、24時間即時に人的対応することは難しく、タイミングによっては顧客やユーザーに迷惑や不便をかけてしまうことも考えられます。

例えば、Aという商品が売り切れになったのに各ネットショップ・各モールの在庫数に反映されず、顧客やユーザーが購入してしまった場合、商品がないのに売ってしまうことになりかねません。

もし、その商品が限定物、または希少なものであり、再入荷できない商品だった場合、顧客やユーザーはがっかりしますし、クレームとなるだけでなく店舗の信用を失ってしまう結果を招きます。

多店舗・複数店舗運営の課題は在庫管理システムで解決できる

次に多店舗・複数店舗運営の課題を解決してくれる「在庫管理システム」の特徴をご紹介します。

各種モールやカートのシステムに合わせて自動で対応する

弊社の提供する在庫管理システム「らくらく在庫」の機能でご説明しますと、楽天やAmazon、Yahoo!ショッピング、EC-CUBEやその他のASP型のカートシステムを用いたECサイト全般と連携可能であり、各種調整に自動で対応する仕組みがあります。多店舗・複数店舗運営でオンライン販売をする時の悩みの種である「在庫管理の一元化」が簡単に実現可能です。

多店舗・複数店舗運営するために在庫管理システムを選ぶ場合は、利用するモールやカートシステムに対応しているか必ずチェックしましょう。

弊社の提供する「らくらく在庫」は各モールや各カートシステム、ECサイトの機能に幅広く対応しておりますので「販路拡大のためにもっと店舗を増やしたい」とお考えの方におすすめです。

事務処理の負担やヒューマンエラーが少なくなる

在庫管理システムは設定した項目に応じて自動で事務処理を行ってくれます。
必須となる作業部分を自動化することで、うっかりミスやヒューマンエラーが少なくなり、何よりも事務処理の負担が軽減され、ストレスやクレームの低減につながることは確実です。

自動化によって事務処理の負担が減ることで、新しい作業や業務を行うリソース・時間も増えますので、結果として業務プロセスの改善や最適化にもつながります。

24時間、ほぼリアルタイムで在庫数を反映してくれる

在庫管理システムには手元の在庫と各モール・各ショッピングサイトの在庫数を調整し、反映してくれる機能があります。

ただし、在庫管理システムによっては反映されるまでの時間に違いがありますので、なるべくほぼリアルタイムで反映してくれるものを選びましょう。

弊社の「らくらく在庫」であればリアルタイムに在庫数を自動で調整できますので、多店舗・複数店舗運営の場合でも24時間365日いつでもリアルタイムに反映してくれるので安心です。

まとめ:在庫管理システムでネットショップの多店舗運営を楽にしよう

多店舗・複数店舗によって売上や知名度の向上を狙うためには、多店舗運営ならではの作業や事務処理の負担を覚悟しなくてはなりません。

しかし、在庫管理システムを上手に使うことで事務処理の負担を軽減し、多店舗・複数店舗による恩恵を最大限に享受できます。

現時点で多店舗・複数店舗を運営しており、在庫管理にお困りであれば、ぜひとも弊社にご相談ください。

同時に、これから多店舗・複数店舗への出店を検討している場合にも、お気軽にご連絡いただければ、専任の担当者が貴社の状況に合わせて対応させていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がネットショップの多店舗・複数店舗にお悩みの方、挑戦したい方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます