在庫管理のストレスがなくなりました!

地酒屋 林屋 林 真市 様

どのようなネットショップを運営していますか?

日本酒、焼酎、ワインを扱っています。日本酒では、特に新潟と愛知に力を入れています。他のお店では取り扱っていないお酒を多くそろえています。
ヤフーと自社サイトを最初に運営し、それから楽天市場、Amazon、ギフトモールに出店しました。

らくらく在庫導入のきっかけは何ですか?

多モールに出店するようになり、各モールの管理画面を開き在庫数を変更することに大変な時間を取られていました。また、夜中など、対応できない時間の販売に関しては、販売モール以外の在庫数の反映にタイムラグが出てしまっていました。

他社のシステムもいろいろ調べましたが、らくらく在庫は、コスト的に安くトライアルに申し込みました。最初は、設定が難しいと思いましたが、丁寧に教えてもらい設定することができました。慣れるととても簡単でしたので、導入を決めました。

らくらく在庫を導入して変わったことは何ですか?

それまでは、在庫の変更のために各モールの管理画面に入るため、
かなり時間をかけていましたが、らくらく在庫を導入してからは、
一瞬でおわります。1つのモールで売れれば、他のモールの在庫数も減るので、全てのモールで「在庫を減らす」という作業がなくなりました。人力で、メモを取りながら在庫数を変更すると、人間なので、どうしてもミスが起こってしまいますが、らくらく在庫を使えば、そういったこともない為、その点でも安心ですね。ストレスがなくなりました。

空いた時間で、どんな商品を入れるかや、新しい蔵元さんとの付き合いなどの店舗戦略も考えられるようになりました。

また、商品一覧の検索窓に商品番号や品名を入れて商品を探すことができますし、一覧に在庫の項目があるので、在庫数を入れて、反映させるだけでとても簡単です。

今となっては、かつてのような手作業は、できませんね。

スマホ版もあり、パソコンを開かずに在庫数を変えられるので、スマホ版も利用しています。

最後に一言

らくらく在庫は、UIは非常にシンプルですし、固まることがないのが、素晴らしいと思っています。導入時は、設定が必要ですが、フォローもありますので、初心者の方でも使いやすいと思います。らくらく在庫は、今後も使っていきたいと思っています。IT業界は、いろいろな会社がある中で、グリニッジさんは、まじめに開発している印象なので、今後も期待しています。