楽天ペイ API設定


1. ライセンスキーの確認

R_Login

1. 楽天RMSにログインします。

2. RMSメインメニューより、
拡張サービス一覧 > 2 各種申請・設定変更 > システム開発企業からのAPIアクセス許可設定をクリックし、利用製品一覧へ移動します。

3. ご利用中の製品からライセンスキーを確認できます。
らくらく在庫に設定する際はキー情報をコピー&ペーストしてください。

※必ず有効期限と状態を確認してください。
有効期限は発行日より 90 日です、有効期限が切れる前に ライセンスキーの再発行を行ってください。
有効期限が切れると、再発行するまでの間、楽天APIへ接続ができなくなり、楽天とらくらく在庫感で在庫連動が行われなくなります。
有効期限が近づくと楽天市場よりメールが届きます。
メールが届いたら必ずライセンスキーの登録・更新作業を行ってください。

2. ライセンスキーの登録

api_1

※ライセンスキー登録操作を行うには、らくらく在庫のバージョンが3.0.21以上である必要がございます。
バージョン3.0.21未満のお客様はらくらく在庫を立ち上げて、らくらく在庫のバージョンアップを行った上で、本操作を行ってください。

1. らくらく在庫にログインし、右上の「モール設定」をクリックしモール設定画面を開いてください。

2. 楽天モール設定画面右側にある、「楽天ペイ情報入力フォームを表示」にチェックを入れます。

 

api_1

3. 2の操作を行うと、楽天ペイ開始年月を選択するボックスが表示されます。
このボックスに入力された年月の1日目に楽天ペイ対応に自動的に切り替わります。
楽天ペイ開始年月(切替年月)を選択してください。
(2018年12月と選択した場合、2018年12月1日に自動的に楽天ペイ対応に切り替わります。)

※楽天ペイの開始月が不明(切替日が未定)な店舗様は、楽天ペイ開始月を空欄にしてください。

4. RMSで確認したlicenseKeyをコピーし、らくらく在庫 モール設定のライセンスキーに貼り付けてください。

5. 楽天API接続テストボタンをクリックしてください。
OKが表示されるか確認してください。
※設定する際はキー情報をコピー&ペーストしてください。
※新しいライセンスキーは、変更から25分~30分後に反映されます。
NGが出た場合、25分~30分ほど時間をおいてから再度手順5を行ってください。

6. 取込み、モール更新が連動開始にチェックが入っていることを確認の上、モール設定画面下部にある登録ボタンをクリックし登録してください。

以上で楽天ペイ導入店舗の楽天API設定は完了です。


  • カテゴリー:

関連項目