【保存版】ネットショップの在庫管理のいろはを網羅!

ネットショップの在庫管理にお悩みはありませんか?

ネットショップの在庫管理は事務処理が煩雑であり、かつ正確性を求められることから、非常に重要な業務です!
「事務処理の負担を減らしたい」「事務処理を自動化したい」という方向けにネットショップの在庫管理のいろはを網羅しました。

今回は、ネットショップにおける在庫管理の必要性・悩み、自動化による解決や「らくらく在庫」についてお話します。

ネットショップの在庫管理が必要な理由

はじめに、ネットショップの在庫管理が必要な理由について解説します。

実店舗とネットショップの違い

実店舗とネットショップの違いにおいて「いつでも好きな時に買い物ができるかどうか」が挙げられます。実店舗であれば営業時間内のみですが、ネットショップの場合は24時間365日買い物ができます。

つまり、通常の営業時間外での販売数に応じて在庫の調整が必要です。
また、スタッフが出勤した時点で発送や発注、顧客対応、クレーム対応が山積みになってしまうような状況に陥ります。

そのため、ネットショップに応じた在庫管理を行うことが重要です。

営業時間外に売り越しのリスクがある

実店舗であれば商品が売り切れたらスタッフが補充、在庫がなければその都度、売り切れと表記できます。

しかし、ネットショップの場合は在庫切れになったタイミングにスタッフが不在、もしくは在庫調整が済まない間に購入されてしまうという「売り越し」がおきます。

売り越しは、クレームに直結します。ユーザーの信頼を失うばかりかショップ側にとっても利益損失および販売機会の損失になります。

ネットショップに適切な在庫管理を行うことで、売り越しを回避しなければいけません。

多店舗運営では作業が複雑、トラブルやクレームも増加

ネットショップでは多店舗運営・複数店舗運営が可能です。
多店舗運営は利益や売上の増加、販路拡大による安定などのメリットもあります。

しかし、店舗数に比例し作業がさらに複雑になるため、注意しなければいけません。

例えば、楽天で売れるとヤフーの管理画面に入り在庫を減らし、同様にヤフーで売れると楽天を変える。入荷した際にも、各店舗に在庫数を振り分け、実在庫との差異がでないよう作業する必要があります。

正確にできないと、各店舗の在庫数がズレてしまったり、在庫切れなのに在庫があると表示されたまま売り越しやトラブル・クレームの増加に繋がります。

ネットショップの在庫管理の悩み

次に、ネットショップの在庫管理の悩みをご紹介します。

在庫調整の人的、時間的なリソースが膨大

入出荷や販売数に応じて実在庫とオンライン上の在庫数を調整すること自体は、一見難しいものではありません。しかし、商品数が増えていくにつれ、人力による在庫調整の労力や時間的な負担は膨大です。

在庫管理のミスはクレームにつながりやすいことから、ミスが許されないので非常に神経を使います。

人件費も考慮するとスタッフの数を増やせばよいという問題でもなく、やり方を変えなければ、日々の事務処理が蓄積されてしまうでしょう。

多店舗運営ではさらに発注忘れ、点数ミス、余剰在庫や欠品も

多店舗運営の場合、在庫管理の事務処理が店舗の数だけ倍増され、複雑化していきます。

発注忘れ、点数ミス、余剰在庫、欠品が頻発する可能性が増えて、ミスがクレームを呼び、クレーム対応が利益を目減りさせることにもなりかねません。

昨今ではレビューや評価の仕組みがあり、店側の不手際が表面化しやすくなっています。クレームやトラブルが発生してしまうと対処したにも関わらず、店としての信頼や評価を下げてしまいます。

Excel(エクセル)による在庫管理には限界

在庫管理をExcelで行っているケースがあります。

Excel自体は表計算ソフトとして優秀ですが、「ネットショップの在庫管理には不向き」です。なぜなら、オンライン上のシステムと連携や連動ができず、自動化することもできない点が挙げられます。

例えば、営業時間外の販売数をExcelの実在庫に反映、当日到着(入庫)分を実在庫に反映、当日発送した分を実在庫に反映、その間、リアルタイムで購入されたら反映、と考えるだけでも限界があるのは明白です。

ケアレスミスやヒューマンエラーが発生しても仕方がない状況であり、在庫管理を根本から見直すべきです。

ネットショップの在庫管理を自動化で解決

次に、ネットショップの在庫管理を自動化で解決する方法について解説します。

多店舗運営で繁忙期や営業時間外でも正確に在庫調整が可能

ネットショップの在庫管理に特化したシステムの中には、在庫管理に関する事務処理を自動化する機能が備わっています。

在庫管理を自動化すれば多店舗運営、繁忙期、営業時間外でも自動で正確に在庫調整が行われるため、膨大な事務処理から開放されます。

Excelで行っていたような目視によるチェック、手入力による転記の作業をしなくてすむということです。

時間的・人的リソースの確保、仕入やPRなどマーケティング施策も

自動化によって膨大な事務処理から開放されるということは、時間的・人的リソースが確保できるということでもあります。すなわち、事務処理に追われる日々から、余裕のある日々に環境を変えられるということです。

仕入れやPR、SNSやブログの運用などなど、別のマーケティング施策を実行できるようになれば、認知度もアップし購入意欲に繋がったり、商品の売れ行きにポジティブな影響をあたえるでしょう。

正確な在庫数や売れ行きの把握、モールごとの在庫比率も設定可能

ネットショップの在庫管理に特化したシステムであれば、正確な在庫数や売れ行きを把握するのも簡単です。

ネットショップ運営の根幹ともいえる入出荷や発注、予算の計画も立てやすくなるでしょう。

また、モールの売れ行きごとに在庫比率を設定可能なことから、無駄のない在庫数の確保もしやすくなり、売り越しのリスクを排除しつつも、在庫過多になるリスクの軽減にもつながります。

在庫切れや在庫が一定数以下の通知、発注忘れや売り越し防止

各種モールやECサイトカートシステムと連携・連動したシステムであれば、在庫切れや在庫が一定数以下になったタイミングで通知してくれます。

どの商品を発注すべきか忘れることがなくなれば、売り越しの防止にもつながります。

そもそも、発注ミスは「在庫がないこと」「在庫が少ないこと」に気が付いていない状態です。システム的に通知が来ることで、ひとつずつ処理していけば、着実に発注を行えるようになり、発注忘れや発注ミスの防止になります。

誰でも簡単に使える「らくらく在庫」をご紹介

次に、誰にでもつかえるシステム「らくらく在庫」をご紹介します。

らくらく在庫とは当社が提供する「ネットショップに特化した在庫管理システム」です。ネットショップの在庫管理に関する事務処理の自動化が可能であり、人力による労力の負担を軽減できます。

らくらく在庫に実装されているお役立ち機能をいくつかご紹介します。

1.在庫情報(在庫切れ一覧・在庫少一覧・在庫少メール通知)

らくらく在庫には在庫切れ一覧、在庫少一覧など在庫情報に関する機能があります。発注ミスや在庫過多を防ぎつつ、売り越しのリスクを最小限に留めることが可能です。

また、在庫切れ、在庫少メール通知の機能も備わっているため、管理する商品の数が多くて在庫数の把握がしにくく困っていたり、在庫を抱えすぎないようにしたりする際に役立ちます。

2.レポート機能(販売ランキング・商品在庫推移)

らくらく在庫のレポート機能で、販売ランキングや商品在庫推移をチェックできます。どの商品が売れているのか、逆にどの商品が動かないのかを把握できるようになり、販売計画を立てやすくなるでしょう。

また、売れないと思っていた商品が、実はじわじわと売れていることも把握できるため、ニーズやトレンドを察知して商品をある程度確保しておき、売り越し防止につなげつつ、着実に利益を増やしていく、といったような使い方もできます。

3.各種モールやECサイト、カートシステムなど幅広く対応

らくらく在庫は各種モール、ECサイト、カートシステムなど、合わせて24種類ものサービスやシステムに対応しています。現在お使いいただいているサービスやシステムだけでなく、将来的に出店したいとお考えのモールやECサイト、カートシステムに対応できる可能性が高いです。

多店舗運営における在庫管理の自動化にお悩みの場合も、らくらく在庫に乗り換えることで一元管理、一本化で事務処理による労力や時間が大幅に軽減できます。

まとめ:ネットショップの在庫管理は「らくらく在庫」で解決!

今回はネットショップにおける在庫管理の必要性・悩み、自動化による解決や「らくらく在庫」についてお話しました。

24時間365日稼働するネットショップだからこそ、システム的な在庫管理は必須です。人力では対応できない量の事務処理、時間外の作業もすべて自動化によって解決しましょう。

「ネットショップに特化した在庫管理システムって…どれを使えばいいの?」お悩みであれば、当社の提供する「らくらく在庫」の導入をおすすめします。

「在庫管理システムを導入したけど、使いこなせない」とお悩みであれば、らくらく在庫に乗り換えていただくことで、実務や現場で安定的に運用できるように、お電話やメールにてサポートさせていただきます。

らくらく在庫は導入実績500以上、数多くのネットショップ運営者さまにご利用いただいております。はじめは無料トライアル、無料お試し期間をご利用いただき、本格的に導入してくれる運営者さまがほとんどです。

現在、「すべての機能をお使いいただける30日間の無料トライアルを実施」しております。無料トライアルや無料お試し期間にありがちな機能制限は一切ありません!ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がネットショップの在庫管理についてお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます