ネットショップの在庫や倉庫の管理にありがちな悩みとその解決方法について

ネットショップの悩みの種になりがちなのが、在庫や倉庫の管理に関する部分です。在庫切れや在庫過多、倉庫のスペースが足りない、または商品が売れなさ過ぎて各種コストが気になるなどさまざまなことに悩まされます。

逆に言えば、在庫切れや在庫過多を起こさず、倉庫のスペースに余裕がありつつも倉庫の回転率が高ければ売上も利益も上がるポジティブな状態と言えます。

今回はネットショップの在庫や倉庫の管理にありがちな悩みと在庫や倉庫の悩みを解決する方法についてお話します。

ネットショップの在庫や倉庫の管理にありがちな悩み

はじめにネットショップの在庫や倉庫の管理にありがちな悩みをご紹介します。

商品数が多いと在庫切れや在庫が少ないことに気が付きにくい

ネットショップの規模によっては、商品数・品数が多くなり、在庫切れや在庫が少ないことに気が付きにくいという悩みがあります。

単純に10種類と100種類では管理の差が出てきますし、目視によるチェックも、チェックする時間だけで多大な時間を要します。

また、在庫切れや在庫が少ないことをチェックする以外の事務処理も多いことから、在庫切れや在庫が少なくなっていることに気が向かず、結果として在庫切れ=機会損失を招きがちです。

在庫過多でいつまでも売れない商品による倉庫スペースの占有

商品にはブームや流行り廃りの他、売り時があるため、それらを逃してしまうと在庫過多になります。

すると、いつまでも売れない商品が倉庫スペースを占有してしまい、新しい商品や定期的に売れる商品のスペースを圧迫します。

在庫過多で売ろうにも売れず、倉庫のスペースを活用できないでいるということは、倉庫のコストパフォーマンスが大幅に低下している状況です。

入出庫が不安定で倉庫の回転率が悪く、売れる商品が置けない

前項の在庫過多の問題と同様に、入出庫が不安定で倉庫の回転率が悪くなれば、売れる商品が置けず、利益にならないまま時間が経過することがあります。

しかし、在庫過多とはいえ、採算度外視で売ってしまうと利益はマイナスになりますし、そのような状況が何度も続けば、ネットショップ=EC事業そのものの存続が危ぶまれます。

そのため、在庫過多にならないようにすること、倉庫の回転率をあげること、何よりも在庫切れを起こさず、機会損失と利益損失の両方を防ぐ体質・体制にすることが求められます。

在庫や倉庫の管理の悩みを解決する方法

次に在庫や倉庫の管理の悩みを解決する方法をご紹介します。

在庫連動・在庫管理システムを導入する

在庫や倉庫管理の悩みを解決するためにも、まずは在庫連動・在庫管理システムを導入しましょう。

多店舗・複数店舗でEC事業を展開されている場合にもおすすめであり、在庫切れや在庫過多の悩みとなる根本原因が解決できます。

特にエクセルやスプレッドシート、もしくは紙の帳票による人力での在庫管理・倉庫管理をしている場合に効果的であり、在庫管理や倉庫管理に必要な事務作業の負担の軽減につながります。

在庫切れや在庫が少なくなったタイミングを見逃さない

例えば、当社の提供する「らくらく在庫」であれば、在庫が少なくなった商品を把握できる機能があり、任意の個数になった時点でどの商品の在庫が少ないか確認できます。

商品の注文から入庫するまでの時間を逆算して把握しておくことで、在庫数が何個以下になったら、注文すれば在庫切れにならないというような計画的な入出庫が可能です。

在庫を抱えすぎず、在庫切れを起こさない業務プロセスに改善する

在庫連動・在庫管理システムで在庫切れにならない状態が実現できたら、次は在庫過多にならないように商品を入庫する流れを作りましょう。

在庫を多く抱えるという考え方から、在庫を切らさないように定期的に入出庫を行うようにするということです。倉庫の回転率も上がり、倉庫のスペースが無駄になることなく、利益を増やせる体質・体制を構築できます。

まとめ:在庫管理や倉庫管理の悩みは在庫連動・在庫管理システムで解決できる!

今回はネットショップの在庫や倉庫の管理にありがちな悩みと在庫や倉庫の悩みを解決する方法についてお話しました。

実際問題として、在庫過多や倉庫の回転率の悪化、そして売れないことによる利益が出ないことなどのネガティブな状況は「売れないのに在庫がある」ということが根本原因です。

言い換えれば、在庫を持ちすぎないようにすること、在庫が少なくなったことを把握し、在庫を切らさない数だけ入出庫できるようになれば解決するということです。

当社の提供する在庫連動・在庫管理システム「らくらく在庫」に在庫管理や倉庫管理の課題や問題を解決し、多店舗・複数店舗運営によるEC事業の複数展開も実現できますので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がネットショップの在庫や倉庫の管理に悩まれている方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます