ネットショップの在庫管理にエクセルをおすすめしない理由

ネットショップの在庫管理をエクセルで行っている方は結構多いのではないでしょうか。

エクセルは便利なソフトですし、これまでに使った経験があるため利用したくなる気持ちもわかります。

しかし、実際のネットショップ運営においてエクセルによる管理はあまりおすすめできません。

今回はネットショップの在庫管理のやり方やエクセルによる管理をおすすめしない理由をご紹介します。

ネットショップの在庫管理をエクセルによる管理をおすすめしない理由

はじめにネットショップの在庫管理にエクセルによる管理をおすすめしない理由について簡単に説明します。

オンライン上のサービスと連動しにくく、DXの推進に向かない

エクセルは表計算ソフトであり、在庫管理に適したUIを提供しているわけではありません。
また、エクセルとオンライン上のサービスは連動しにくく、DXの推進には向いているとは言えません。
つまりモールやネットショップと連動させて、事務作業の簡略化によるコスト削減が難しくなります。

エクセルがダメ!というよりも、オンライン上のサービスであるECサイトやモールと連動できない点がダメ!と覚えておきましょう。

儲かれば儲かるほど事務作業が煩雑になりリソース不足やコストの増加を招く

ネットショップは取引数が増えれば必然的に事務作業が増えていきます。
全く同じ作業が増えるだけと思うかもしれませんが、出店数を増やした場合、モールの管理画面が異なるために事務作業のコストが増加し、場合によってはリソース不足に陥る事もあります。

エクセルベースではどのように関数を組んだとしても、人力による入力の回数はある程度必要となり、
売上が上がるほど事務作業コストも同じかそれ以上のペースで増えていくため、効率がよいとは言えないことを理解しておきましょう。

うっかりミス・ケアレスミス・ヒューマンエラーによる損

人力による事務作業が増えるということはうっかりミス・ケアレスミス・ヒューマンエラーによる損が増えていくということでもあります。
実際に品切れおよび売り切れ、または商品があるのに売り切れ表示のような場合は利益と機会の両方の損失がある状態なのは否めません。

これらのことから、無理にエクセルで在庫管理をするのは非効率的なだけでなく、せっかくの利益が損なわれるという結果とともに、EC事業がマイナス要因となりかねないことを示唆していると言えるでしょう。

ネットショップ運営を楽にする在庫管理のやり方

次にネットショップ運営を楽にする在庫管理のやり方をご紹介します。

在庫連動・在庫管理システムを導入する

ネットショップを運営するのであれば、まずは「在庫連動・在庫管理システム」を導入しましょう。

在庫連動・管理システムはネットショップの在庫管理に特化しているため、使いやすいUIとシステムによる自動化が特徴です。

各種ECサイト・モール・カートシステムと連動できる在庫管理システムであれば煩雑な事務作業が大幅に軽減されます。

エクセルによる管理に割いていた人的リソースを他の作業や生産性のある業務に専念させることができます。

また、定型の何度も繰り返すような事務作業は離職率を向上させる要因の一つでもあるため、これからの将来的な人的リソースの確保に繋がる可能性もあります。

在庫連動・在庫管理システムのデータに基づいて受発注を行う

在庫連動・在庫管理システムを導入したら、在庫管理システムに対応した業務の流れを構築しましょう。

在庫切れや品薄だけでなく、在庫過多も含めて在庫に関する情報が一元管理できますので、受発注の判断もスムーズになることが期待できます。

また、在庫管理システムにおいて日・週・月などの単位で商品の売買に関するデータが得られることから、経営判断もしやすくなり、無理や無駄を省きながら、適切な利益を生み出しやすい作業手順を構築できるようになるでしょう。

在庫切れや在庫過多などの状況に対応できるマニュアルの作成し属人化を防ぐ

在庫連動・在庫管理システムを導入し、在庫管理システムを基軸とした業務体制が構築できたら、次は誰にでも扱えるようにマニュアルを作成し、属人化を防ぐことを進めましょう。

いつでも誰でもマニュアルさえ見れば対応できるようにしておくことで、在庫管理や受発注における業務の割り振りが容易になるからです。

言い換えれば、本来であれば煩雑で誰もがやりたくなかったような事務作業を簡単な作業として落とし込むことで、繁忙期や閑散期に適切な人員配置やシフトが組めるようになるということでもあります。

まとめ:在庫連動・在庫管理システムをお探しなら「らくらく在庫」がおすすめ!

今回はネットショップの在庫管理のやり方やエクセルによる管理をおすすめしない理由をご紹介しました。

エクセルによる管理ですと、在庫を連動するという簡単なことさえも人力で行わねばならず、その分、人的リソースを必要とします。

在庫連動・在庫管理システムであれば在庫管理における煩雑な事務作業を簡単な事務作業に落とし込むことが可能であり、貴重な人材の貴重な人的リソースを他の部分に使えるようになるのは間違いありません。

もし、在庫連動・在庫管理システムをお探しであれば、当社の提供する「らくらく在庫」をおすすめします。主要のECサイトやモール、カートシステムに対応している他、在庫管理を楽に、簡単にする機能を備えておりますので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がネットショップの在庫管理について知りたかった方、もしくはエクセルによる管理から卒業したい方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます