【初心者向け】ネットショップ運営を助けるノウハウや無理せず運営するコツを解説

ネットショップを運営する中で「事務作業の負担」に悩まされることがあります。ネットショップは商品数と取引数が増えれば、必然的に事務処理も増えるため、嬉しい悲鳴とも言えます。

もっと利益や売上を増やすためにも、事務作業や事務処理の負担を軽減、削減したいとお考えであれば、まずは初歩的なノウハウや無理せず継続するためのコツを知ることから始めてみましょう。

今回はネットショップ運営を助けるコツについてお話します。

ネットショップ運営を助ける初歩的なノウハウ

はじめにネットショップ運営を助ける初歩的なノウハウについて簡単に説明します。

事務処理は必ずしも人力でなくても良い

ネットショップ運営では事務作業がたくさんあります。仕事をしていると気付きにくいことですが、「事務作業=事務処理は必ずしも人力でなくても良い」ことを知っておきましょう。

ネットショップ運営を助けるツールやソフトウエアを利用すれば、単調かつ膨大な事務処理の一部を自動化できますので、事務作業に追われて困っているのであれば、ネットショップ専用のツールやソフトウエアを導入しましょう。

また、既に他のショップや運営ではツールやソフトウエアで自動化するのが当たり前になっていることを考えると、自動化できていないこと自体がDX推進の遅れであることも理解しておくべきです。

ネットショップ=ECは自動化や最適化しやすい

ネットショップの仕組み自体がEC(電子商取引)であり、DXの推進と言えます。そのため、ネットショップ運営は自動化や最適化しやすいというメリットがあります。

実際にネットショップの運営における事務処理は基本的に数字と文字列であり、勘や判断を要するものはほとんどありません。

そのため、専用のツールやソフトウエアもたくさん開発されていますので、人力や手入力にこだわりすぎず、適宜自動化・最適化するとネットショップ運営を楽にできます。

売上が増えると忙しくなることを想定して業務プロセスを構築しよう

ネットショップ運営は売上・取引数が増えれば、必然的に事務作業も増えます。

そのため、事務作業がボトルネックとなり、売上を増やせない段階が訪れます。もし、現時点の売上で手一杯の場合は売上は増やせないと理解しておくべきと言えます。

利益や売上を増やすためにも、事務処理の負担を軽減し、売上が増えても対応できる業務プロセス・職場環境の構築を考えましょう。

ネットショップ運営を無理せず長期的に継続するコツ

次にネットショップ運営を無理せず長期的に継続するコツをご紹介します。

ムリ・ムダ・ムラの把握と排除

事務処理は必ずしも人力でなくても良いと前述したように、事務処理も含めてムリ・ムダ・ムラの把握と排除を行いましょう。

例えば、在庫管理における事務処理で言えば、「商品が売れる度に手動で在庫数を調整する」といったような作業は自動化すべきです。

同様に在庫切れかどうか、在庫薄かどうかについても、目視によるチェックではなく、ツールやソフトウエアで自動的に通知し、把握できるようにしましょう。

その他にも自動化、最適化、効率化を意識して、少しでもネットショップ運営を楽にすることが、無理せず長期的に継続するコツと言えます。

在庫過多を防ぎ、入出庫の流れをスムーズにする

在庫過多を防ぐためにも入出庫の流れをスムーズにすることを意識してみてください。

もちろん、商品によっては大量発注することで仕入れ値を安くできるかもしれません。その上で価格に利益を上乗せして利益を確保するのも大切なことです。

しかし、在庫過多かつ将来的に売れない商品を抱えることはリスクです。泣く泣く値引きや割引、最悪の場合処分しなければならないことを考えると、在庫を抱えすぎないほうが安全と言えます。

在庫を抱えすぎないためにも、発注から入庫までどれくらいの時間を要するのか把握し、在庫数が一定以下になったら発注して、在庫切れにならないような形で調整することで、コストやリスクを減らし、結果として無理せず長期的に継続するコツです。

早い段階からネットショップ専用のツールを導入する

早い段階からネットショップ専用のツールを導入することも、無理せず長期的に継続するコツと言えます。

むしろ、ウェブマーケティングに慣れて、アクセスが増えるようになり、商品が売れるようになってくると事務作業に追われてしまうこと自体が利益や売上のボトルネックになりがちです。

なるべく最初から無理しないこと、楽にすることを意識することが大切です。ネットショップ専用のツールは有料のものも多いですが、無理に人力による手入力のために人件費を捻出するよりもコストダウンになるということも覚えておきましょう。

まとめ:段階的に自動化や最適化を進めていくことが大事!

今回はネットショップ運営を助ける初歩的なノウハウやネットショップ運営を無理せず長期的に継続するコツについてお話しました。

ネットショップの事務作業は基本的に同じことの繰り返しです。商品を入庫する。商品を発送する。受注したら処理する。発送したら処理する。これらの事務処理はネットショップを運営する限りずっと続きます。

しかし、事務処理に追われてしまえば、ウエブマーケティングに注力するリソースが足りず、売れなくなることも考えられますし、事務処理だけがネットショップ運営に必要とは限りません。

当社の提供する「らくらく在庫」のような在庫連動も可能な在庫管理システムを導入すれば、商品が売れる度に在庫を減らすという作業は不要です。在庫切れや在庫薄になったら通知を出すことも可能であり、目視によるチェックをする必要はほぼありません。

その他にも、らくらく在庫を導入することで、人力かつ手入力による事務処理から開放されれば、自然とリソースが空くようになり、ウエブマーケティングに力を入れることもできます。同時に従業員の過度な作業負担を軽減し、残業の削減や有給休暇の取得率の向上にもつながりますので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がネットショップを無理せず長期的に継続したい方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます