ネットショップを複数展開してEC事業を拡大するメリットやデメリット

楽天市場やYahoo! ショッピングなど各種モール、ECシステム、カートシステムなどさまざまなシステムやサービスを利用して、ネットショップを複数展開することでEC事業を拡大できます。

しかし、ネットショップの複数店舗および多店舗運営のメリットやデメリットを詳しく知らない場合もあるでしょう。

今回はネットショップを複数展開してEC事業を拡大するメリットやデメリットについてお話します。

ネットショップを複数展開してEC事業を拡大するメリット

はじめにネットショップを複数展開してEC事業を拡大するメリットをご紹介します。

各種モールやECシステム上のユーザーを取りこめる

楽天やAmazon、Yahoo! ショッピングなどの各種モールにはそれぞれ会員ユーザーが存在します。

これらのユーザーを取りこめることは非常に大きなメリットであり、新たなユーザー属性を開拓できる可能性が期待できます。

自社ECサイトのみ場合は、よりユーザーとの接点が増えることもメリットと言えるでしょう。

イベント・セール・キャンペーン効果が期待できる

各種モールではモール側がイベント・セール・キャンペーンを行うことがあります。楽天スーパーSALEやAmazon Cyber Mondayなどを定期的に行っていますね。
これらの効果に便乗できることも大きなメリットです。

モール側がユーザーの購買意欲を高めてくれるので、商品のPR効果も高まりますし、初回購入やリピート購入につながればファンやリピーターの獲得も期待できます。

イベント・セール・キャンペーンの告知や広告についても各種モールが行ってくれることは大きなメリットと言えます。

ユーザーの好きな方法で購入してもらえる

ネットショッピングでは「信頼できるところで買いたい」と考えるのが自然です。既に信頼しているモールやECシステムに登録したユーザーであれば、登録している場所で買えた方が不安を感じることはありません。

言い換えれば、各種モールやECシステムに複数展開できれば、ユーザーの好きな場所で購入してもらえるということです。

その他にも「楽天ならポイントが貯まるし買うんだけどな」や「アマゾンだと届く時間がいつも同じだから助かる」など、ユーザーごとに異なるニーズにも自然に応えられるというメリットもあります。

ネットショップを複数展開してEC事業を拡大するデメリット

次にネットショップを複数展開してEC事業を拡大するデメリットをご説明します。

在庫管理が煩雑になり、事務作業が増える

ネットショップの複数展開では在庫管理が煩雑になり、事務作業が増えるのがデメリットです。モールの管理画面はそれぞれ異なること、基本的な機能は同じでも独自の言葉や設定があることがあげられます。
その都度ログインや在庫調整が必要となり、目視によるチェックや人力での対応は人的リソースと時間的なリソースの両方を浪費する可能性が高いです。
これは複数展開前では気づきにくいことが多く、モールに複数展開して少し時間が経過して初めて表面化するケースがほとんどです。

ただし、デメリットとなるのは在庫管理システムを導入していない場合であり、各種モールやECシステム、カートシステムに対応した在庫管理システムを導入すればデメリットは少なくなります。

在庫管理のミスでユーザーにネガティブな印象を与えてしまう

ネットショップの複数展開では展開したショップの数だけ在庫調整をする必要があります。そのため、在庫管理のミスでユーザーにネガティブな印象を与えてしまうことがあるのはデメリットです。

この場合も各種モールやECシステム、カートシステムに対応している在庫管理システムを導入していればデメリットではなくなります。商品が売れたら自動で在庫数を調整する仕組みを備えている在庫管理システムであれば、事務作業の負担もなく、ユーザーに迷惑をかけることもないからです。

マーケティングやSNS戦略などが後回しになる

ネットショップを複数展開すると、当初の予測以上にショップ運営に人的リソースを取られてしまい、マーケティングやSNS戦略などの新しい施策が後回しになってしまうことが多々あります。

その他にも細かな顧客対応、新しい商品の企画や開発など、ネットショップとしてやるべきことは山積みなのに対応できなくなってしまい、予定より利益を確保できなかった、ということもあります。

在庫管理システムで在庫の調整など一部の事務作業を自動化することで解決できる問題ですが、やはり人的資源を投入する形ですと、時間もお金も人も浪費し続けてしまうことは否めません。

まとめ:在庫管理システムでデメリットを最小限に抑えよう!

今回はネットショップを複数展開してEC事業を拡大するメリットやデメリットについてお話しました。

ネットショップの複数店舗運営および多店舗運営は在庫管理システムを導入するかどうかで、時間・人・お金などのコストを削減できます。

特に一部の事務作業は自動化が可能なものもあり、人力で行うには膨大な労力を必要とします。その反面、ネットショップの複数展開のメリットは非常に大きく、EC事業の拡大には欠かせない要素です。

例えば、当社の提供する「らくらく在庫」であれば、各種モール、ECシステム、カートシステムなどの在庫を一元管理することが可能であり、事務作業の一部を自動化し、ネットショップの複数展開時のデメリットを最小限にできます。もし、既存の在庫管理システムでは対応できない、または在庫管理システムを導入していない場合におすすめですので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がEC事業の拡大にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます