Shopifyと他のECサイトやカートシステム、モールの在庫を連動する方法

Shopifyへの出店を検討している、もしくはShopifyも含めて複数のECサイトやカートシステム、モールで複数店舗/他店舗運営してみたいとお考えではありませんか。

しかし、複数店舗および他店舗運営をする場合にネックとなるのが「事務作業の負担が増えること」であり、中でも在庫数の調整は取り扱う店舗が増えれば増えるほど煩雑になってしまいます。

今回はShopifyに関する基礎的な情報やShopifyと他のECサイトやカートシステム、モールの在庫を連動する方法についてお話します。

Shopifyに関する基礎的な情報

はじめにShopifyに関する基礎的な情報をご紹介します。

Shopifyとは

Shopify:https://www.shopify.jp/

ShopifyとはECサイトおよびネットショップを構築できるオンラインサービスです。

日本国内だけでなく、越境ECと呼ばれる国際的=グローバルなEC事業の運営も可能であり、技術的リソースがない方でも世界に向けたオンラインショップを持つことができます。

月額料金と決済部分の手数料などで利用できることから、ECサイトやネットショップをゼロから構築するよりも手軽にはじめられるのも魅力です。

Shopifyの主な機能や特徴

  • オンラインショップ
  • POS
  • 購入ボタン
  • 販売チャネル

Shopifyは上記のような形でオンラインショップや実店舗、自社のホームページに購入ボタンの設置、SNSなどさまざまな販売チャネルを追加できます。

  • ドラッグ&ドロップストアビルダー
  • モバイルファーストなデザイン
  • スピーディかつ安全な支払い

そして上記はオンラインショップの機能の一部ですが、自分自身でオリジナルのデザインでショップを構築できる他、モバイル対応や支払いについても安心・安全な点も評価すべきポイントと言えます。

複数店舗/他店舗運営の選択肢のひとつとして最適

Shopifyは複数のモールやカートシステム、ECサイトを運営する「複数店舗/他店舗運営」に向いており、特に国際的および海外向けに展開したい場合に非常におすすめです。

ネットショップ運営においては、拠点となる倉庫や発送を担う場所がひとつでも、複数店舗/他店舗運営によって、チャネルやタッチポイントとなる「集客の入り口」が増えることで露出や顧客へのリーチが期待できます。

楽天やAmazonなどのモールや自社ECサイトも含めて、ウェブマーケティングやSNSを活用することで利益や売上を確保しやすくなるということです。

同時に、既に登録したECサイトやモールで購入したい、またはポイントをためたいなどというユーザーにも対応できることから、機会損失と利益損失を抑えることにもつながります。

Shopifyと他のECサイトやカートシステム、モールの在庫を連動する方法

次にShopifyと他のECサイトやカートシステム、モールの在庫を連動する方法をご説明します。

「複数のECサイト、カートシステム、モール」に対応した在庫管理システムを導入する

Shopifyと他のECサイトっやカートシステム、モールの在庫を連動するには、それぞれに対応した在庫管理システムを導入する必要があります。

在庫管理システムによっては対応していないモールやカートシステムがあるので、今後のことを考えると対応するサービスやシステムが多い在庫管理システムを選ぶのがおすすめです。

Shopifyと他のECサイトやカートシステム、モールの在庫を連動する

在庫管理システムを導入したら、次は実在庫とShopify、他のECサイトやカートシステム、モールの在庫を連動する設定を行います。

これで、在庫の一元管理が可能となり、複数店舗/他店舗運営でチャネルやタッチポイント=顧客との接点を増やすことができます。

実際に在庫管理においては、さまざまな事務作業があり、在庫管理においても煩雑で人的リソースを大幅に浪費しがちですが、在庫管理システムを導入すれば事務的負担なく、スムーズに在庫管理を行うことが可能です。

在庫薄や在庫切れの情報を把握しながら入出庫を調整する

実在庫とShopifyも含めたECサイトやモール、カートシステムが連動することで、どの商品がどれだけ売れるのか、またはどの初品が品薄、もしくは在庫切れなのか簡単に把握できます。

特に在庫切れを放置してしまうと、顧客側と販売する側の両方が「機会損失と利益損失」になることから、品薄の段階で商品を確保すること、在庫切れにならないように入出庫管理することが大切です。

まとめ:Shopifyや他のECサイト、カートシステムを併用して「リーチ」を増やそう

今回はShopifyに関する基礎的な情報やShopifyと他のECサイトやカートシステム、モールの在庫を連動する方法についてお話しました。

Shopifyは世界的にも有名であり、複数店舗/他店舗運営かつ在庫管理システムによる一元管理をされている運営の方であれば取り入れたい、海外にも展開してみたいと考えるのはごく自然なことと言えます。

当社の提供する「らくらく在庫」であれば、Shopifyだけでなく、ほとんどのモールやカートシステム、ECサイトに対応しておりますので、サイトやサービス、システムを越えて在庫の一元管理が可能です。

Shopifyに出店してみたい、複数店舗/他店舗運営の在庫管理でお悩みの方のお役に立ちますので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がShopifyや他のECサイトやカートシステム、モールで複数店舗/他店舗運営したいと考えている方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます