【らくらく在庫】ネットショップ在庫連動システムの決定版!2022

ネットショップ運営の在庫管理において、業務の自動化におけるDX推進をお考えではありませんか?

もし、その上でコスト面やシステム選びでお悩みなら、負担も軽減しスムーズに導入できる在庫連動システムを選ぶことで解決できます。

また、在庫管理かつ在庫連動が可能なシステムであれば、ネットショップ運営を負担なくできることは間違いありません。

今回は、在庫システムの種類やEC間の在庫連動システムにらくらく在庫がおススメの理由についてお話します。

在庫システムの種類

はじめに、在庫管理システムの種類について簡単に解説します。

1:一元管理システム(在庫連動・受発注・商品登録)

一元管理システムとは、ネットショップ運営の業務をひとまとめに、在庫連動・受発注・商品登録に対応した在庫管理の仕組みです。

ただし、機能が豊富な分、料金も割高であったり、ショップによっては不要な機能にまで費用がかかってしまうのが難点です。

新商品の登録、注文件数や受発注が多いショップなどは、一元管理システムを導入することで業務効率を最適化しやすいでしょう。

2:在庫管理システム(実店舗と自社ECサイトの連携)

在庫管理システムとは、実店舗と自社ECサイト間の連携が可能な在庫管理の仕組みです。

基本的に実店舗と自社ECサイトに対応したPOS・バーコードリーダーで、在庫数を連動する機能などが備わっています。

そのため、自社ECサイト以外のその他のモール・カートでの複数店舗/多店舗運営、もしくは大規模な在庫管理には向かないことがあります。

実店舗と自社ECサイト間の連携で、小規模の在庫管理を効率化できます。

3:EC在庫管理システム(らくらく在庫)

EC在庫管理システムとは、ネットショップ・ECサイトの複数店舗/多店舗運営も可能な在庫管理の仕組みです。

当社の提供する「らくらく在庫」のように、楽天・ヤフー・アマゾンなど複数店舗/多店舗と在庫連動できる機能を備えているシステムを指します。

一元管理システム、実店舗と自社ECサイトのみ連携する在庫管理システムと違い、 複数のモール・カートシステムと連携 した在庫管理に特化しているシステムです。

ECの在庫連動システムにらくらく在庫がおススメの理由

次に、ECの在庫連動システムにらくらく在庫がおススメの理由を3点ご紹介します。

1:在庫数の更新間隔が速い

らくらく在庫をおススメする理由1つめに、「在庫数の更新間隔が速い」ことが挙げられます。

更新間隔に時間がかかる在庫管理システムですと「売り越し」のリスクがありますが、らくらく在庫であれば、在庫切れなら最短1分で反映されるため、売り越しのリスクを最小限に抑えることができます。

複数店舗/多店舗において店舗数が増えても、確実に在庫連動するため在庫に関するリスク・クレームを大幅に軽減することが可能です。

2:在庫管理に特化しているので、導入まで早い

らくらく在庫をおススメする理由2つめに、「在庫管理に特化しているので、導入まで早い」ことが挙げられます。

在庫管理も含めた一元管理システムは、機能は豊富ですが、その分、導入から運用まで時間も要します。

らくらく在庫であれば、ECの複数店舗/多店舗運営における在庫管理に特化した在庫連動の機能で、最短1日で稼働できます。

3:低コストで利用できる

らくらく在庫をおススメする理由3つめに、「低コストで利用できる」ことが挙げられます。

前述したように、在庫管理も含めた一元管理システムの場合、使わない機能があったり、注文数に応じて従量課金であったりするため、それなりのコストがかかります。

らくらく在庫であれば、必要な機能だけでいくら注文数が増えても定額なので低コストで利用できるということです。

まとめ:すべての機能を無料で利用できるトライアル開催中!

今回は、在庫システムの種類やECの在庫連動システムに、らくらく在庫がおススメの理由についてお話しました。

当社の提供する「らくらく在庫」は楽天公式の「RMS Service Square」に掲載されており、導入実績500店舗以上、大手ネットショップにもご愛顧いただいている在庫連動システムです。

EC・ネットショップにおける在庫管理の悩みを解決できますので、まずは30日間の無料トライアルのお試しをおすすめします。

また、無料トライアルの前に、具体的なコストを知りたい場合は、導入前に無料の料金シミュレーションもありますので、こちらも合わせてお気軽にご利用ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が在庫管理・在庫連動システムをスムーズに導入したいとお考えの方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます