WooCommerceでネットショップ運営する際に最適な「在庫管理システム」とは

WordPressで自社サイトを構築している場合、「WooCommerce」というプラグインを導入することでECサイトとしての機能を追加できます。

WooCommerceは柔軟かつ扱いやすいプラグインではあるものの、在庫管理については別途システムを導入した方が効率的かつ安定的なEC事業・ネットショップ運営の基盤が整うことを知っておくべきです。

今回はWooCommerceに関する基礎知識とWooCommerceに最適な在庫管理システムについてお話します。

WooCommerceに関する基礎知識

はじめにWooCommerceに関する基礎知識について簡単に説明します。

WooCommerceとは何か

WooCommerceとはCMSであるWordPressのプラグインです。WordPressをECサイトとしての機能を追加できるプラグインであり、日本だけでなく、世界中で利用されている有名なプラグインでもあります。

WooCommerceは基本的な機能であれば無料でECサイトを構築できるのが魅力であり、課金することでさらに機能を追加できます。工夫次第で初期費用や運用コストを抑えながらECサイトを運営できるのも注目される理由と言えます。

WooCommerceの主な機能や特徴

WooCommerceはWordPressにカート機能およびショッピング機能、支払い・決済機能、消費税の計算、レビュー機能などが追加されます。

その他にも商品の登録、会員登録機能、会員管理機能、ログイン・ログアウトなど一般的なECサイトとしての機能が追加され、小規模から大規模のECサイトの構築・運用が可能です。

WooCommerceによる自社でネットショップを運営する利点

WooCommerceで構築されたWordPressサイトは自社ECサイトであるため、決済などの手数料はあるものの、モールやカートシステムの利用料や販売金額に対して生じる手数料が発生しないのが利点です。

ただし、サイバー攻撃への対処、情報漏えいやデータ改ざんなどセキュリティ対策も自社で行う必要があるため、ある程度のITに関するリソース、人材、知見、経験が必要な点に注意しなくてはなりません。

逆に言えば、WordPressを構築・運用できて、プラグインやテーマ、デザインを自社で対応しているレベルのITリソースがあれば格安でECサイトを運営できるという利点を得られるということでもあります。

WooCommerceに最適な在庫管理システムとは

次にWooCommerceに最適な在庫管理システムをご紹介します。

WordPress+WooCommerce+在庫管理システムでネットショップ運営が楽になる

WordPressとWooCommerceでECサイトを構築し、在庫管理システムを導入することでネットショップ運営を楽に運営できます。

在庫管理システム自体がECサイトのDX推進となるのが理由であり、ネットショップ運営における事務処理の一部を自動化する機能があるためです。

在庫管理システムは商品が売れる度にWooCommerce上の在庫数を自動で調整、在庫切れによる売り越しの防止にもつながるため、クレームも最小限に留めることにもつながります。

各種モール・ECサイト・カートシステムと連動して多店舗/複数店舗が可能に

在庫管理システムによっては、各種モール・ECサイト・カートシステムと連携・連動が可能なものがあり、多店舗/複数店舗によるEC事業の運営が実現できます。

ユーザーによっては「楽天ならポイントが貯まるのに!」や「アマゾンじゃなきゃ買わない!」という方もいらっしゃるため、ニーズに応えることで機会損失を少なくできるということです。

同時に各種モールの販売促進・セール・キャンペーンによる集客によって、露出やリーチにもポジティブな恩恵を受けることで、安定した利益・売上の創出も期待できます。

在庫管理に関する悩みや困りごとから解放される=生産性のある仕事に集中できる

ネットショップに特化した在庫管理システムであれば、在庫管理に関する悩みや困りごとから解放されるという利点もあります。

特にネットショップ運営では膨大な事務処理が必要であり、かつ正確性を求められることから作業する人の労力は計り知れません。

在庫管理システムの導入によって、在庫切れや在庫薄、在庫少の把握による受発注の負担の軽減、在庫調整に要する時間や労力の低減にもつながります。

結果として心と時間に余裕が生まれ、生産性のある仕事に集中できるようになり、日々の事務処理に追われることなく、安定したネットショップ運営の基盤の構築にもつながるでしょう。

まとめ:在庫管理システムでネットショップ=ECのDX推進を着実に進めよう!

今回はWooCommerceに関する基礎知識とWooCommerceに最適な在庫管理システムについてお話しました。

そもそもECそのものがDXの推進であることを考えると、一部が手動・人力では非効率であると理解しておきましょう。WordPressとWooCommerce、そして在庫管理システムを併用することで、高効率かつ楽なネットショップ運営が実現できます。

当社の提供する「らくらく在庫」であれば、WooCommerceと連動・連携が可能なだけでなく、各種モール、カートシステム、ECサイトにも対応していることから、複数店舗・多店舗による運営もスムーズです。在庫管理におけるDXの推進の一助として役立ちますので、ぜひともこの機会に「30日間の無料トライアル」をお試しください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がWooCommerceでネットショップを運営されている方、もしくはこれから運営したいとお考えの方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます