ネットショップの在庫管理に特化した在庫管理システムを選ぶ時のコツ

在庫管理システムとは商品の在庫を管理する際に役立つシステムです。しかし、従来の在庫管理に利用されていたツールやシステムが混在していること、そして在庫管理に関するツールやシステムは種類が豊富なこともあり、どれを選べば良いのか頭を悩ませます。

だからこそ、数ある在庫管理システムの中からオンライン上のモールやカートシステム、ECサイトと連携できる「ネットショップに特化した在庫管理システム」を選ぶことができれば、今後のネットショップ運営が楽になるのは間違いありません。

今回はネットショップの在庫管理に特化した在庫管理システムとは何か、そしてネットショップに特化した在庫管理システムを選ぶ時のコツについてお話します。

ネットショップの在庫管理に特化した在庫管理システムとは何か

はじめにネットショップの在庫管理に特化した在庫管理システムとは何か説明します。

そもそも、在庫管理システムって何?

在庫管理システムとは商品の入荷や発送などの事務処理を最適化する仕組みを備えており、在庫管理をスムーズに行うためのシステムです。

古く、アナログかつ非効率な在庫管理であるExcelや紙の帳票による在庫管理の場合と比べて、事務処理の速度も速くなり、ネットショップの運営をスムーズにできる仕組みとも言えます。

ネットショップの在庫管理においては、ひとつひとつの作業は簡単でも、日々積み重なること、繰り返しかつ反復作業であることから非常に大変です。

また、在庫管理システムの導入自体がDXの推進でもあり、古くアナログかつ非効率な在庫管理から脱却することにもつながります。

従来の在庫管理システムとネットショップに特化した在庫管理システムとの違い

従来の在庫管理システムの中にはBtoBやBtoCであっても、オンライン上のモールやカートシステム、ECサイトの仕組みを想定されていないものがあります。

業務で使うシステム、ツールとしてはごく自然なことではありますが、ネットショップの運営には不向きである可能性があるということです。

ネットショップに特化した在庫システムであれば、オンライン上のモール、カートシステムECサイトと連携・連動できるため、在庫管理が迅速かつ正確、何よりも自動化できるというメリットがあります。

逆に言えば、ネットショップに特化していない在庫管理システムですと、連携や連動できない分、事務処理は煩雑になる可能性が高く、ネットショップには不要な機能も搭載されていることから、導入しても非効率になってしまうということです。

モール型のショップ、カートシステム、各種ECサイトと連携・連動って何?

モールやカートシステム、ECサイトとの連携・連動とは、それぞれのサイトの在庫数を自動調整できる仕組みを指します。

例えば、楽天・アマゾン・ヤフーに出店していた場合、楽天でひとつ商品が売れたら、アマゾンとヤフーの在庫数を調整しなくてはなりません。同様に商品が入荷したら、通常はそれぞれのサイトにログインし、入荷した個数を追加する必要があります。

ネットショップに特化した在庫管理システムであれば、モールやカートシステム、ECサイトと連携・連動していることから、自動的にログインして、自動的に在庫調整を行ってくれるため、在庫管理や在庫調整の一元管理が可能となり、その都度ログインする手間や時間の削減につながります。

ネットショップ運営に必要な機能のみを備えているため扱いやすく、覚えやすい

ネットショップに特化した在庫管理システムは、ネットショップ運営に必要な機能のみを備えているのも特徴です。

必ずしも従来の在庫管理システムがダメ!ということではありませんが、ネットショップのための機能が搭載されていない、もしくはネットショップ運営には不要な機能が搭載されていると扱いやすいとは言えませんし、覚えにくい可能性はあります。

ネットショップに特化した在庫管理システムなら、ネットショップ運営を助ける機能、一部の事務処理を自動化する機能、各種機能が連動・連携して最適化できる機能など、必要な機能が扱いやすく、覚えやすいということです。

ネットショップ運営における「事務処理の負担」や「うっかりミス・ヒューマンエラー」が軽減される

ネットショップ運営は「数字」との戦いとも言えます。現実問題として、在庫数や価格などの数字を間違えてしまうと利益や売上に直接的に影響しますし、何よりも事務処理が煩雑なことから、うっかりミスやヒューマンエラーが多発しがちです。

ネットショップに特化した在庫管理システムであれば、事務処理の負担が大幅に軽減されると同時に、うっかりミスやヒューマンエラーも軽減されます。一部の事務処理が自動化されることから、数字の間違いも起こりにくく、処理する際の労力や時間を浪費することもありません。

ネットショップに特化した在庫管理システムを選ぶ時のコツ

次にネットショップに特化した在庫管理システムを選ぶ時のコツをご紹介します。

自社のネットショップ運営における悩み・困りごと・課題を抽出

まずは自社のネットショップ運営における悩み・困りごと・課題を抽出し、精査することから始めましょう。

闇雲に「忙しい」や「手が足りない」ではなく、どの事務作業が負担なのか、どの業務が遅延やミスが多いのか可視化することが大切です。

ほとんどの場合、在庫管理における事務処理が負担となるのは明白ですが、実際に何に悩んでいるのか、何に困っているのかを把握することで、ネットショップ運営における課題を明確にできます。

自社の悩み・困りごと・課題が解決できる機能を備えている在庫管理システムを探す

次に自社の悩み・困りごと・課題が解決できる機能を備えている在庫管理システムを探しましょう。

入荷時の在庫数の更新・売れた時の在庫数を減らす作業の自動化、在庫切れや在庫薄・在庫少の通知など、在庫数の調整を自動化する機能や在庫数の把握がしやすいシステムを選ぶのがポイントです。

実際に在庫調整や在庫把握に関する部分が自動化・最適化できるだけでも、日常の業務や作業の負担は大幅に軽減されます。

どの部分の作業が自動化できるのか、もしくはネックとなっている部分が自動化できるのかも見ておくと良いでしょう。

各種モールやカートシステム、ECサイトと連動・連携しているかを確認

ネットショップに特化した在庫管理システムを選ぶ際の一番のポイントと言えるのが、各種モールやカートシステム、ECサイトへの対応状況の確認です。

なるべく多くのモール、カートシステム、ECサイトと連動・連携している在庫管理システムを選ぶことで、将来的に多店舗・複数店舗による運営をする際に非常に役立ちます。

また、既に多店舗・複数店舗によるネットショップ運営を行っているのであれば、自社の出店しているモール、カートシステム、ECサイトに対応しているかを必ずチェックしましょう。

ユーザーインターフェースおよび使いやすさや覚えやすさを無料トライアル等で体験・体感してみる

ネットショップに特化した在庫管理システムかを確認するためにも、無料トライアル等を利用して、ユーザーインターフェース、使いやすさ、覚えやすさを体験・体感してみるのも選ぶ時のコツと言えます。

実際に利用してみる中で新たな発見がある可能性もありますし、何よりも日々、日常的に利用するシステムですから、実務で扱いやすいかを担当者にチェックしてもらうことはとても大切です。

また、業務の標準化のことを考えると、誰もが使えるかどうか、覚えたり、教えたりしやすいかどうかを実際に体験・体感しておくことで、実務での運用もスムーズになり、早い段階から事務処理の負担が軽減、うっかりミスやヒューマンエラーの低減などの効果を実感しやすくなるでしょう。

システムの提供元からサポートを受けられるかどうかも大切な要素

ネットショップに特化した在庫管理システムであり、実際に無料トライアルなどで体験・体感し、かつネットショップ運営における悩み・困りごと・課題の解決できるシステムだと理解できたら、システムの提供元からサポートを受けられるかどうかを必ずチェックしてください。

導入から実務での運用に移行する際、または突発的なトラブルが発生した時など、丁寧にサポート対応してくれる提供元であればとても安心です。

また、無料トライアルをおすすめするのも「無料トライアルの段階でサポートが充実しているかどうか」をチェックできることが理由でもあります。

実務できちんと使いこなせるようになるまで対応してくれるのかどうかに関わる部分ですので、無料トライアルで機能を体験・体感するだけでなく、しっかりしたサポートがあるかどうかも見ておくことをおすすめします。

まとめ:毎日の業務で頻繁に使うシステムだからこそ、使いやすく、課題や問題を解決できるものを選ぼう!

今回はネットショップの在庫管理に特化した在庫管理システムとは何か、そしてネットショップに特化した在庫管理システムを選ぶ時のコツについてお話しました。

ネットショップ運営における在庫管理システムは主たる業務のほとんどをサポートしてくれる大切なシステムです。だからこそ、使いやすく、課題や問題を解決できるシステムを選ぶことをおすすめします。

当社の提供する「らくらく在庫」はネットショップに特化した在庫管理システムであり、楽天、ヤフー、アマゾンなど主要のモールに対応している他、EC-CUBEやWooCommerceといったCMSとも連携できるため、多店舗・複数店舗によるネットショップ運営をしている場合に役立ちます。

今ですと「30日間の無料トライアル」を実施しており、各種モールやカートシステムと連携し自動で在庫を調整する機能、在庫切れ・在庫薄・在庫少を知らせてくれる機能も含めて、すべての機能を体験できますので、ぜひともこの機会に無料トライアルのご利用をご検討ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が在庫管理システムの選び方にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます