在庫管理システムが複数のモール・カートシステムに対応する理由とは

ECやオンラインショップの普及に伴い、在庫管理システムにおいても各種モール・カートシステム・ECサイトへの対応が求められています。

しかし、ネットショップを運営する側が各種モールやカートシステム、ECサイトと在庫管理システムが連携・連動する必要性を理解していなければ、十二分に効果を発揮できません。

今回は各種モールやカートシステム、ECサイトと在庫管理システムの関係性、そして在庫管理システムがモールやカートシステム、ECサイトに対応、連携・連動する必要性についてお話します。

各種モールやカートシステムと在庫管理システムの関係性

はじめに各種モールやカートシステムと在庫管理システムの関係性について解説します。

在庫管理システムもオンラインに対応すべき時代になった

従来の在庫管理システムはオフラインとは言わないまでも、各種モールやカートシステム、ECサイトなどオンライン向けには対応していなかったと言えます。

しかし、昨今では巣篭り需要も含めて、EC・オンラインショッピングの需要が高まり、物販や小売においてもオンライン化が必要とされました。

そのため、在庫管理システムにおいてもネットショップに対応し、オンライン上のサービスと連携・連動することが必須になった形です。

楽天やアマゾン、ヤフーショッピングに公式に出店しておく利点

自社ECサイトは、EC-CUBEやカートシステムをつかってオンラインショップ・ネットショップを公式に運営する企業や組織が一般的です。

しかし、企業や組織の公式として、楽天やアマゾン、ヤフーショッピングに出店しているケースもごくごく当たり前になってきました。

実際に各種モールによるキャンペーン・セール・集客・販促などの効果は非常に大きく、同時にそれぞれのモールのユーザーが顧客として対象になるため、出店する利点・うまみがあるのも事実です。

各種モールやカートシステムは異なるUIや仕組みを備えている

各種モールに出店し、自社ネットショップとしてカートシステムを利用する場合、それぞれのUIや仕組みによって事務処理が複雑化・煩雑化してしまいます。

そのため、在庫管理システムがモールやカートシステム、ECサイトに対応していない場合、二度手間が増えてしまう結果を招きます。

言い換えれば、モールやカートシステム、ECサイトに対応している在庫管理システムであれば、事務処理の負担や労力を減らし、時間的なコストの削減にもつながるということでもあります。

在庫管理システムがモールやカートシステムに対応、連携・連動する必要性

次に在庫管理システムがモールやカートシステムに対応、連携・連動する必要性について解説します。

複数店舗/多店舗によるネットショップ運営に対応するため

在庫管理システムが連携や連動する必要性として、複数店舗/多店舗によるネットショップ運営に対応するため、というのが挙げられます。

前述した通り、それぞれ異なるUIや仕組み、または機能を備えていること、それぞれにログインして、それぞれ異なる操作をしなければならないのは、非常に手間です。

連携や連動が可能な在庫管理システムであれば、複数店舗/多店舗によるネットショップ運営においても、労力を増やさず、うっかりミスやヒューマンエラーも低減しながら、楽に運営することが可能です。

従来の在庫管理システムでは連携・連動がしにくいため

こちらも前述した通り、従来の在庫管システムはオンライン上のサービスとの連携や連動がしにくかったと言えます。

連携や連動が可能な在庫管理システムであれば、手間を増やさず、一度の操作で在庫数の調整や在庫数の把握など、在庫管理に関する労力が大幅に軽減されます。

事務処理に要する時間・労力・コストを大幅にカットできるため

ECおよびネットショップ運営においては、物理的な在庫の管理を除けば、ほとんどが事務処理・バックオフィス系の作業および業務です。

そのため、各種モールやカートシステムと連携・連動できる在庫管理システムを導入することで、事務処理に要する時間・労力・コストを大幅にカットすることにつながり、無駄なコストを増やさず、利益の最大化が期待できます。

まとめ:複数店舗/多店舗によるネットショップ運営のために連携や連動が必要だと知っておこう!

今回は各種モールやカートシステム、ECサイトと在庫管理システムの関係性、そして在庫管理システムがモールやカートシステムに対応、連携・連動する必要性についてお話しました。

ネットショップ運営においては、事務処理に要する時間的なコストと人的なコストをいかに削減するかが、利益や売上を目減りさせない鍵と言えます。

現実問題として取引数が増える=利益が増える=手間も増えるという構図であることから、利益を生み出しつつ、事務処理の負担を軽減しなければ、いずれ事務処理に追われてしまうことになり、利益や売上が頭打ちになってしまうということです。これらの課題を解決するためには、各種モールやカートシステム、ECサイトに対応した在庫管理システムを導入するのが一番の近道であると覚えておきましょう。

当社の提供する「らくらく在庫」であれば、主要のモール・カートシステム・ECサイトに幅広く対応しており、複数店舗/多店舗によるネットショップ運営が楽になるのは間違いありません。

現在、らくらく在庫は「全ての機能をお使いいただける30日間の無料トライアル」を実施しておりますので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が在庫管理システムがモールやカートシステム、ECサイトに対応・連携・連動する必要があるのか知りたかった方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます