【決定版】ECサイトの在庫管理システムならお任せ!らくらく在庫

在庫管理システムの導入に迷ったとき、現状の在庫管理の悩みをどのように解決できるのか、また在庫管理システムを選ぶポイントを知っておくことから始めましょう。

在庫管理の課題は、ECサイトに特化した在庫管理システムで、シンプルに解決できます。

今回は、ECサイトの在庫管理の悩み、導入したときのメリット、いかに手間なく簡単に安心して便利に使えるかどうかと、当社の提供する「らくらく在庫」や、実際に導入したお客様の声についてお話します。

【目次】

1. ECサイトの在庫管理でよくある悩み
2. 在庫管理システムを導入したときのメリット
3. 在庫管理システムの選ぶポイント
4. らくらく在庫が選ばれる理由!
5. 実際に導入したお客様の声
6. まとめ:らくらく在庫でECサイト運営の業務効率最適化、利益の最大化、負担の軽減!

ECサイトの在庫管理でよくある悩み

はじめに、ECサイトの在庫管理でよくある悩みをご紹介します。

複数店舗運営で在庫連動・在庫数の自動調整ができない

ECサイトを複数店舗運営する際、モールやカートごとに仕組みが異なります。そのため、在庫連動や在庫数の調整がしづらく、それぞれにログインして在庫を調整しなくてはいけません。

商品が売れたら在庫を減らす、商品を入荷したら在庫を増やす、一見単純そうな作業でも日に100件、200件となれば膨大な作業時間が必要です。

店舗数に比例して時間と労力が必要となり、ヒューマンエラー、ケアレスミスも起きやすくなります。

在庫管理を行う際に連携・伝達ミス

ECサイトの在庫管理を複数人で行う場合は、とくに連携や伝達ミスがおこりやすいです。前項でお話したように複数店舗運営をしていれば、さらにミスが増えてしまうのは明白です。

また、商品の受発注、顧客対応、在庫管理など「在庫に関わる業務」が異なれば、実在庫やオンライン上の在庫の誤差が生じるのも仕方がないと言えます。

在庫数を正確にするという単純なことさえ、非常に煩雑になってしまう可能性があります。

人材確保が難しく、在庫管理の不徹底による余剰在庫

ECサイト運営に限らず、さまざまな業界・業種で人材不足に陥っています。

引き継ぎが不十分だったり処理しきれないことも増えると、在庫切れを防ぐため事前に多く発注することもあります。そうなると、在庫管理がしきれず、余剰在庫・在庫過多というリスクが発生してしまいます。

在庫切れと余剰在庫に悩まされ、利益損失や機会損失で店舗運営も厳しくなります。

在庫管理システムを導入したときのメリット

次に、在庫管理システムを導入したときのメリットをご紹介します。

在庫の「見える化」で在庫状況を把握

在庫管理システムであれば、複数のモール・カートの在庫状況が一目で分かりやすく、複数店舗かつ複数人にでのECサイト運営においても、在庫の見える化が実現できます。

各モールやカートシステムごとの在庫数の調整、正確な実在庫の把握、それぞれが連携・連動する仕組みで、在庫管理における在庫数の調整という膨大な事務作業が削減することは間違いありません。

在庫切れや在庫少の通知が売り越し防止

在庫切れや在庫少の通知があるのも在庫管理システムのメリットです。
在庫切れで商品がないのに購入手続きが可能な状態である「売り越し」のリスクを大幅に削減できます。

クレームやネガティブな印象も減り、ショップとしての信頼感や安心感の向上にもつながるでしょう。

在庫の回転率アップで余剰在庫を低減

正確な在庫数の把握により、売れ行きに応じての発注がしやすく、在庫の回転率がアップします。そのため、余剰在庫・在庫過多のリスクも大幅に低減できます。

また、余剰在庫がなくなると倉庫などの空間を維持するためのコストも低減できます。

事務処理のコスト削減で業務効率アップ!

在庫管理システムの最大のメリットは、事務処理の時間・労力のコストが削減されることです。

業務効率もアップし、在庫管理以外にリソースを割くことも可能になり、各種マーケティングや宣伝、広告、SNS運用を行う時間の余裕が生まれます。

在庫管理システムの選ぶポイント

次に、在庫管理システムの選ぶポイントについて解説します。

主要モールだけでなく対応モール・カート数が多い

在庫管理システムを選ぶ時、対応するモール・カート数が多いかどうかチェックしましょう。主要なモールのみでなく、対応するモールやカート数が多ければ、今後、店舗拡大していく際の選択肢が増えます。

今現在、出店しているモールやカート以外にも、今後任意のタイミングでさらに販売機会を増やしていくこともおすすめします。

在庫調整の更新スピードに大きなタイムラグがないか

在庫管理システムによっては、在庫調整のタイミングが遅いことがあります。在庫調整が追い付かなければ、売り越しが発生するリスクが高くなってしまいます。

営業時間帯であれば人力で回避できる可能性もありますが、営業時間外は対応しきれません。

そのため、在庫管理システムを選ぶ時は、在庫調整の更新スピード・間隔が早く対応可能かどうかを必ずチェックしてください。

導入実績やトライアルで必要な機能を試せるか

在庫管理システムはECサイトに特化したものから、実店舗での一連の在庫管理に属するものまで多岐に渡ります。必要に応じた機能とECサイトに対する導入実績があるかをチェックしましょう。

また、可能であれば無料トライアルであらかじめ機能を試せるかも重視することをおすすめします。

最低でも1ヶ月程度、すべての機能を試せるシステムを選ぶことで、使い心地とともに実際の運用に役立つかどうか、負担が軽減されるかどうか体感できるでしょう。

らくらく在庫が選ばれる理由!

次に、らくらく在庫が選ばれる理由と便利な機能をご紹介します。

1.対応するモール、カートが豊富で複数店舗運営時に連携しやすい!

らくらく在庫は2021年11月現在、24ものモール・カートに対応しています。新しいモールにも柔軟に対応しており、今後も拡大・拡充する予定です。

複数のモール・カートと自動で連動・連携できることから、在庫調整における連携ミスや作業時間も減らせるのが強みです。

また、対応するモール・カートが豊富で将来的に販路を拡大し客層の幅を広げる際にも有利です。

2.更新スピードが速く、在庫切れ商品は最短1分で反映可能!

らくらく在庫は在庫調整の更新スピードが早いため、売り越しのリスクをほぼゼロに近づけることができます。

在庫切れ商品は最短で1分で反映可能、同時に在庫切れや在庫少を知らせる通知機能もあるため、発注のタイミングを逃しません。

もちろん、連携・連動にて各種モール・カートの在庫数を自動で調整してくれるため、事務処理の負担と時間的なコストの両方削減できます。

3.30日間の無料トライアルは、すべての機能を利用可能!

らくらく在庫は30日間の無料トライアルで、すべの機能を利用可能です。実際の使い心地を試せる他、どのように連携してどれだけ楽になるかも体感いただけます。

ほぼリアルタイムかつ自動の在庫調整、複数人による作業時のデータ連動、在庫切れ・在庫少の通知、在庫数の把握、販売ランキングや在庫推移などレポート機能など、すべての機能を余すことなく利用してみてください!

4.導入実績500以上、無料トライアルからの導入も多数!

らくらく在庫は導入実績が500社以上、サポートも充実!

無料トライアルから導入いただいて、実際使ってみることで在庫管理システムの必要性が理解され、在庫管理に関する課題や問題が解決できています。

メールや電話での丁寧で迅速なサポート体制もお客様から好評であり、ECサイト運営を手間なく時間と心に余裕を持ち安心して継続できるようになるでしょう。

らくらく在庫の便利なオプション機能

【セット販売機能】
らくらく在庫のセット販売機能とは、福袋やコーディネートのセットなど複数の商品を組み合わせてセットで販売する機能です。

それぞれの単品での在庫数が異なる場合でも適切に在庫調整が行われ、セットのためだけに別途在庫を確保する必要が無くなります。

【別品番紐付け機能】
らくらく在庫の別品番紐付け機能とは、同じ商品でモールやカートごとに商品番号が異なる場合でも紐付けできます。 

商品番号を合わせるような再設定をすることなく、モール上の商品番号はそのままで在庫連動が可能となります。

実際に導入したお客様の声

次に、実際に導入したお客様の声をご紹介します。らくらく在庫の導入前の課題と導入後の感想をインタビュー記事より一部抜粋します。

株式会社 丸西産業 様

株式会社 丸西産業 様は肥料・農薬・資料および農業資材の販売、フルーツカット工場や農業生産物における流通部門として4店舗のECサイトを運営されています。

【らくらく在庫を導入する前の課題】
お客さまからの問い合わせを極力減らし、ECサイト4店舗の在庫管理を一元化したスムーズなサイト運営を行いたいということでした。

また、コロナの影響によって売上が伸びたことで、在庫管理の労力や時間のコストが増大したこともきっかけのようです。

【らくらく在庫を導入した後の感想】
らくらく在庫を導入したことで、楽天・アマゾン・ヤフーショッピング、そして自社サイトの4店舗における在庫管理の一元化が実現できました。

イベントによっては各店舗ごとに3種類別々の在庫管理が必要だったが、らくらく在庫であれば在庫の把握、在庫の調整、在庫の売れ行きの見える化が実現され、販売計画においても役立っています。

また、営業時間外の注文による在庫調整の自動化によって、「売り越し、空売り」のリスクも軽減され、スタッフの心理的不安も減りました。

地酒屋 林屋 様

地酒屋 林屋 様は日本酒やワイン、焼酎を専門に5店舗のECサイトの運営をされています。

【らくらく在庫を導入する前の課題】
元々は人力、手作業で在庫管理を行っていて、在庫変更のために各モールにログインするのが大変だったり、人力でメモを取りながらだとミスもあり、労力的な負担と時間的なコストも膨大だったようです。

また、営業時間外の販売で、販売モール以外での在庫数の反映にタイムラグが生じていて、簡単で正確に在庫管理が行えるシステムを探されていました。

他社も調べてみた結果、コスト的にも見合う在庫管理システムとして、当社のらくらく在庫が選ばれました。

【らくらく在庫を導入した後の感想】
らくらく在庫を導入したことで、在庫調整に関する労力がほぼゼロ、一瞬で終わることから時間的なコストが大幅に削減しました。

自動の在庫調整で、在庫に関する労力、正確性、在庫数のタイムラグの問題も一気に解決しました。スマートフォンでも在庫数を調整できるので、隙間の時間で簡単な操作で在庫管理がしやすくなっています。

時間的な余裕が生まれたことで、どんな商品を仕入れるべきか考えたり、新しい蔵元とのお付き合いを始めたりと今までできなかったことも可能になりました。

まとめ:らくらく在庫でECサイト運営の業務効率最適化、利益の最大化、負担の軽減!

今回はECサイトの在庫管理でよくある悩み、在庫管理を導入したときのメリット、そして当社の提供する「らくらく在庫」や実際に導入したお客様の声についてお話しました。

らくらく在庫を導入することで、事務作業の負担が大幅に軽減、在庫管理に関する悩みが解決され、ECサイトの運営をカンタン・スピーディー・安心して行えるようになります。

どの在庫管理システムを導入すべきか悩む、または既存の在庫管理システムで物足りなさを感じているのであれば、ぜひともこの機会に30日間の無料トライアルへのお申し込みをおすすめします。

また、お使いのECサイト・カートシステムで在庫連動できるか、簡単な【導入シミュレーション(無料)】もご用意しておりますので、こちらもお試しください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がECサイトの在庫管理に関する悩みの解決につながれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます