エクセルは卒業!ECの在庫管理をかんたんにする方法とは?【無料トライアル有り】

ECの在庫管理をエクセルで続けながらも、何か簡単に効率化できる方法がないかと考えられている方も多いと思います。

現実問題として、商品数が増えたり、複数店舗運営を行うようになるとエクセルによる在庫管理には限界があります。

解決策として、エクセルから卒業しEC専門の在庫管理システムを導入した方が時間・人件費・労力が減りスムーズな在庫管理が行えるということを理解しておきましょう。

今回は、エクセルを卒業してECの在庫管理をかんたんにする方法、そして無料トライアルができる在庫管理システムを選ぶポイントについてお話します。

ECの在庫管理をかんたんにする方法

はじめに、エクセルの在庫管理をかんたんにするための考え方と方法について説明します。

エクセル管理はヒューマンエラーが多くなる

まず、エクセルの在庫管理から卒業するためには、関数などを使用しても「目視によるチェックと手入力」が多ければ、ヒューマンエラーの原因になります。

また、エクセルによる在庫管理では、商品数や販売数に比例して、人員が必要なため人件費も増してしまいます。

複数店舗運営を考えている場合、エクセルに依存するのはヒューマンエラーのリスクが高く非効率なためおすすめできません。

EC専門の在庫管理システムを導入する

実店舗とネットショップ、また複数店舗運営をしているのであれば、「EC専門の在庫管理システム」を導入することで、自動で在庫数が調整され手間なくスムーズに在庫管理を行えます。

店舗数、商品数が増えても在庫管理の手間や時間を削減でき、利益を伸ばすことが可能です。

さらに、時間的な余裕ができると販路拡大や新規顧客獲得などのマーケティング施策も行いやすくなります。

導入が不安なら無料トライアルがおすすめ!

エクセルはそろそろ限界と感じながら「在庫管理システムは難しそう」「わからないことをするより今のままがいい」と考えることもあるかもしれません。

しかし、導入の不安を解決するためも、無料トライアルができる在庫管理システムを選び、実務で利用してみることをおすすめします。

無料トライアルの段階で導入や運用のテストを行うことで、実際の使い方やコストを割り出せたり、サポートの対応が充実しているかも確認できます。

無料トライアルができる在庫管理システムを選ぶポイント

次に、無料トライアルができる在庫管理システムを選ぶポイントについて解説します。

すべての機能を無料で利用できるトライアルかどうか

EC専門の在庫管理システムの無料トライアルをする場合は「すべての機能を無料で利用できるかを重視」しましょう。

なぜなら、一定期間無料でも、すべての機能を利用できないと実務で利用した場合の使い方を実感できないからです。

無料トライアルの期間についても、なるべく1ヶ月分のデータが取れるように1ヶ月間無料トライアルを実施している提供元を選ぶことをおすすめします。

無料トライアルでも導入・運用時のサポートがあるか

無料トライアルの提供元によっては「ダウンロード・インストールや設定などのサポートは無し」ということもあります。

しかし、無料トライアルの間にサポートが受けられなければ、運用段階におけるサポートの充実や丁寧さ、コミュニケーションコストが想定できません。

無料トライアル中でも導入や運用段階と同様のサポートかアドバイスは丁寧でわかりやすいか、コミュニケーションしやすいかをチェックしましょう。

実績があり、コストパフォーマンスに優れているか

EC専門の在庫管理システムを選ぶ際に、大前提とも言えますが、提供元の実績がしっかりしているか、コストパフォーマンスに優れているかも重要です。

具体的には、対応するモールやカートシステムが豊富か」「在庫数の反映速度はどうか」「コストが定額制か」などチェックすることをおすすめします。

まとめ:EC専門の在庫管理システムで低コストで手間がない在庫管理を実現!

今回は、エクセルを卒業してECの在庫管理をかんたんにする方法、そして無料トライアルができる在庫管理システムを選ぶポイントについてお話しました。

どんなにエクセルで効率化しようとしても、販売数に比例して作業に要する時間・人件費・労力ともに増加する一方です。

当社の提供する「らくらく在庫」であれば、EC専門の在庫管理システムを低コストで導入でき複数店舗運営においてもスムーズな在庫管理が行えます。

現在、「すべての機能を利用可能な30日間の無料トライアルを実施」しており、導入から運用のサポートも充実しているので安心してご利用いただけます。

ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

合わせて、らくらく在庫を導入する際の料金シミュレーションもできますので、事前にぜひチェックしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が、エクセルによる在庫管理から卒業したかった方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます