通販サイトのお悩みあるある解決策!【在庫管理編】

通販サイト運営者のお話しを伺うと、「在庫管理に関する悩み」がダントツで多いです。

日々の業務が忙しすぎて、課題や悩みを解決できずにいませんか。

そんなショップ運営者のみなさん、この機会に悩みをチェックし、一緒に解決していきましょう!

今回は、通販サイトの在庫管理でよくある悩み、在庫管理システムを導入した時のメリット、そして在庫管理システムを選ぶポイントについてお話します。

目次】

1.通販サイトの在庫管理でよくある悩み

2.在庫管理システムを導入したときのメリット

3.在庫管理システムを選ぶポイント

4.まとめ:通販サイトの在庫管理はらくらく在庫におまかせ

通販サイトの在庫管理でよくある悩み

まずは、通販サイトの在庫管理でよくある悩みをチェックしていきましょう!

複数店舗運営で店舗間の在庫連携がスムーズにいかない!

楽天・Yahoo!ショッピング・アマゾン、そして最近増えているshopifyなど複数店舗運営で販路拡大をされているショップが多くなっています。

その際、通販サイトごとに管理システムが異なるため、在庫の連携がスムーズにできずに悩まれるケースが多いです。

在庫管理を複数人で行うため連携ミスで正確さにかける!

商品数や注文数が増え規模が拡大していくと、在庫管理を複数人で行う必要があります。

複数人で関わることにより、引き継ぎや連絡不足などのヒューマンエラーも起こりやすく連携する上で正確さにかけてしまうという悩みもでてきます。

伝えたつもりが発注しておらず、在庫切れになれば「売り越し」のリスクにもつながるため、早急に改善しなければならない課題と言えます。

人材不足で在庫管理に手が回らず余剰在庫が発生!

通販サイトの規模が大きくなるにつれて事務処理の作業量が増えると、慢性的な人材不足に陥るという悩みも出てきます。

結果的に、在庫管理に手が回らず、在庫薄になる前に多めに発注してしまい余剰在庫が出てしまいます。

正しく在庫管理ができなくなると店舗運営自体が厳しくなります。

在庫管理システムを導入したときのメリット

悩みをチェックした上で、「在庫管理システム」を導入した時のメリットについてお話します!

在庫の見える化により在庫状況が丸わかり!売り越し防止!

在庫の見える化が実現され、正確に在庫状況を把握できるようになります。

結果として、在庫調整もスムーズになり、在庫切れによる売り越し防止に繋がります。

在庫の回転率アップで余剰在庫を減らせる

正確に在庫状況を把握できるということは在庫管理もしやすくなるので、多めに発注するということもなくなります。

必要な在庫を必要な分だけ倉庫に入荷できるため、在庫の回転率がアップし、かつ余剰在庫も削減します。

データ分析で発注・売上予測がしやすく業務効率アップ!

管理画面やレポートの機能によって、データ分析がしやすくなります。

結果的に、短期から中長期的な売上予測がしやすくなり、発注やストック状況の改善により業務効率アップも期待できます。

通販サイトに特化しており、事務作業の労力が低減

通販サイトに特化した在庫管理システムであれば、各主要モール・カートシステムと連携・連動するため、「在庫調整の自動化」が実現できます。

事務作業の労力を大幅に低減すると同時に、在庫調整ミスで在庫切れによる売り越しも削減します。

そのため、クレーム対応など精神的なストレスなども減ります。

在庫管理システムを選ぶポイント

メリットを理解した上で、在庫管理システムを選ぶポイントについてお話します!

主要モールだけではなく対応モール・カート数が多いか

まずは、主要モールだけでなく対応モール・カート数が多いシステム提供元を選びましょう。

将来的に販路拡大や新規顧客獲得のために、店舗拡大する際の選択肢が多い方が非常に有利です。

更新スピードが速い・リアルタイムで対応可能

在庫管理システムには、在庫調整における更新スピードに差があります。

在庫調整および更新スピードが遅いと、売り越しのリスクが高くなるため、リアルタイムで更新される在庫管理システムを選ぶのがおすすめです。

トライアルなどのお試しで必要な機能が揃っている

相性などもあるため、まずはトライアルで機能を試せるかどうかも重要です。

お試し期間の間に必要な機能が揃っているかどうか把握・精査した上で導入を検討しましょう。

システム提供元の導入実績が豊富

在庫管理システムに限ったことではありませんが、信頼できるシステム提供元は公式サイトに導入した企業の実績が掲載されています。

まずは、導入実績が豊富か、またお客さんの声なども参考しながら判断基準にしましょう。

ランニングコストやサポート体制はどうか

必要とする機能や性能を備えており、継続的に利用できるかもチェックすべきです。

ランニングコストを抑えられるか、コストパフォーマンスに見合っているか、そして何よりも導入や運営におけるサポートが充実しているかをチェックしましょう。

長く継続的に使いやすく、負担の軽減や悩み・課題が解決できるかを決め手とすると良いでしょう。

まとめ:通販サイトの在庫管理はらくらく在庫にお任せ

今回は、通販サイトの在庫管理でよくある悩み、在庫管理システムを導入した時のメリット、そして在庫管理システムを選ぶポイントについてお話しました。

当社の提供する「らくらく在庫」であれば、在庫管理システムを選ぶポイントを網羅しており、通販サイトの在庫管理に関する悩みを解決できます。

ほとんどの主要モール・カートに対応しており、在庫調整がほぼリアルタイムかつ自動で行われるため、在庫管理の労力や負担を軽減できます。

今ですと「すべての機能をご利用いただける30日間の無料トライアルを実施」しておりますので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

合わせて、らくらく在庫を導入する際の料金シミュレーションもできますので、事前にぜひチェックしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が通販サイトの在庫管理にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます