【解決策】ECコンサルティングで売上がアップした後に在庫管理のコストを削減する方法

効率的に売上を伸ばしたくてECコンサルティングに任せている複数店舗運営の方も多いと思います。

しかし、売上が伸びると、在庫管理に要する時間や労力も必然的に増加し、ECコンサルティングだけでは解決できないこともあります

また、在庫管理が追い付かないとクレームも発生しやすく今後の売上を左右することにもなります。

何らかの形で在庫管理の時間や労力を減らし、売上を伸ばし続けるようなネットショップ運営を目指していかなければいけません。

今回は、ECコンサルティングに関する基礎知識、そして売上がアップした後の在庫管理の課題を解決する方法についてお話します。

【目次】

1.ECコンサルタントに関する知識

2.売上がアップした後の在庫管理の課題を解決する方法

3.まとめ

ECコンサルタントに関する基礎知識

はじめに、ECコンサルタントに関する基礎知識について簡単に説明します。

ECコンサルティングとは

ECコンサルティングとはEC(electronic commerce:電子商取引)のコンサルティング(consulting:相談)で、EC事業における悩み・課題を解決するサービスを指します。

たとえば、ネットショップ運営の利益の確保や販路拡大などの具体的な施策を提案してくれます。

ECコンサルティングを利用するメリット

EC事業における専門的な観点から、本質的な課題や何を実践すれば解決できるか、より良い状態をキープするにはどうすれば良いかをアドバイスしてくれます。

また、クレームや売り越しなどの発生原因などネットショップ運営者側が自覚できていない課題も明確になります。

ECコンサルティングを利用した後の課題

ECコンサルティングを利用した後の課題として、売上が伸びると必然的に在庫管理に要する時間や労力も増えます。

「売上が伸びたら、人を増やしましょう」という提案があっても、なかなか雇用や育成、教育も含めて人材確保をするのは大変です。

時間や人材不足が悩みで在庫管理が追い付かず、売り越しやクレームの増加すると、販売機会を逃してしまいます。

売上がアップした後の在庫管理の課題を解決する方法

次に、ECコンサルティングで売上がアップした後の在庫管理の課題を解決する方法を説明します。

人材不足は自動化のシステムで解決する

ネットショップ運営は実店舗と兼任していたり少人数で運営しているなど基本的に人材不足です。

そのため、DXの推進、デジタルの変革によって効率化や最適化を進める必要があります。

DX推進がしやすいバックオフィス系、事務系の作業をデジタル化すれば、人手不足に悩まずに済みます。

EC在庫管理システムを導入する

ネットショップ運営の在庫管理に関する事務処理は膨大です。利益や売上が増えれば作業量・作業時間も倍増していきます。

ECに特化した在庫管理システムを導入することで、販売数が増えても、自動化によって在庫の調整が正確かつ迅速に行われるため、時間や労力の手間が増えることはありません。

また、ヒューマンエラーもなくなり、売り越しやクレームの発生を最小限に留めることができます。

システム導入後の業務体制を再構築する

ECに特化した在庫管理システムを導入したら、自動化を基軸とした業務体制を構築しましょう。

在庫調整が自動化されると商品の発注もスムーズになり、時間に余裕ができるので他のマーケティング施策も可能になります。

どこに注力すべきかをECコンサルタントと相談しながら日々の業務内容の見直しを行いましょう。

まとめ:「事務処理に追われて何もできない!」とお悩みなら「らくらく在庫」がおすすめ!

今回は、ECコンサルティングに関する基礎知識、そしてECコンサルティングで売上がアップした後の在庫管理の課題を解決する方法についてお話しました。

当社の提供する「らくらく在庫」であれば、ECコンサルティングで売上が伸びた後でも、在庫管理に要する時間や労力を増やすことなく、複数店舗運営が可能です。

対応するモール・カートシステムが豊富、在庫調整の自動化や在庫切れ・在庫薄の通知も可能です。

現在、「すべての機能を無料で利用可能な30日間の無料トライアルを実施」しておりますので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

合わせて、らくらく在庫を導入する際の料金シミュレーションもできますので、事前にぜひチェックしてみてください。


最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がECコンサルティングで売上が伸びて事務処理に困っている方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます