ネットショップを代行・業務委託するときの注意点!失敗しないためには!?【在庫管理編】

ネットショップ運営は、販売数に比例して事務処理も増大していきます。

そのため「在庫管理を代行・業務委託に任せよう」と考える方も多いです。

実際に、ネットショップの在庫管理を代行・業務委託する場合にはいくつか注意点と失敗しないために見直す施策があります。

今回は、ネットショップの在庫管理を代行・業務委託するときの注意点、そして代行・業務委託する前に見直す施策についてお話します。

ネットショップの在庫管理を代行・業務委託するときの注意点!

はじめに、ネットショップの在庫管理を代行・業務委託するときの注意点について説明します。

委託する範囲によって「個人情報漏洩」のリスクがある

ネットショップの在庫管理における代行・業務委託は、委託する範囲によっては個人情報漏洩のリスクがあります。

購入履歴など個人の氏名、住所等の連絡先で個人情報ですので、取り扱いには十分注意しなければいけません。

代行・業務委託先が必ずしも危険であるとは断言できませんが、個人情報漏洩のリスクや可能性が高くなってしまうことは認識しなければいけません。

代行・業務委託費用で利益が目減りする可能性がある

代行や業務委託先の月額料金によっては、利益・売上を目減りさせる可能性もあります。

しかし、「採用の時間がない」「雇用しても育成する余裕がない」場合の委託は必要経費です。

とはいえ、ネットショップの利益率によっては、外部コストで利益が減り、ネットショップ運営自体が危ぶまれることも考えられます。

そのため、なるべくなら自社で対応できるように何らかの方法で業務効率化できる方が最善といえるでしょう。

コミュニケーションコストや思わぬヒューマンエラーも

代行・業務委託を利用するということは、外部との連絡が増える=コミュニケーションコストが増大するいうことです。

自社対応であれば業務の流れもスムーズで、連絡待ちや事務処理待ちなどの業務内容も可視化できます。

しかし、外部となると状況も分かりづらく、思わぬ時間を要することがあるかもしれません。

結果的に、連絡の不備やうっかりミス、ヒューマンエラーの増える要因ともなり、今まではなかったクレームや問題が発生するかもしれません。

在庫管理の代行・業務委託する前に見直す施策!

次に、ネットショップの在庫管理を代行・業務委託する前に見直す施策について解説します。

在庫管理や事務処理の手順を見直す

本当に代行・業務委託を利用すべきか明確にするためにも、既存の在庫管理や事務処理の手順を見直しましょう。

そもそも、在庫管理の日々の業務が圧迫されるということは、作業手順や業務の流れがアナログである可能性が高いです。

例えば、在庫管理においてExcelや紙の帳簿、手書きにしていたり、楽天やヤフーショッピングなどの各モールにそれぞれログインして、在庫調整を行っていませんか。

このようなアナログなやり方をしているのであれば、EC専門の在庫管理システムを導入することで在庫管理の労力や時間を削減できます。

EC専門の在庫管理システムを導入する!

もし、既に在庫管理システムを導入していても業務改善や効率化が難しければ、EC専門の在庫管理システムに切り替えることをおすすめします。

在庫管理システムを導入していない場合も同様で、EC専門の在庫管理システムを導入することで、在庫管理に関する問題は解決されるでしょう。

代行・業務委託などの外部にコストをかけず、日々の在庫管理が低コストでスムーズに行えるようになります。

対応モール・カート数が豊富なシステムで販路拡大

EC専門の在庫管理システムでは、楽天・ヤフーショッピングの他、さまざまなモール・カートシステムと連動が可能です。

在庫管理システム上で在庫調整を行い、各モール・カートの管理画面にログインすることなく、自動で在庫を調整してくれます。

対応するモール・カートシステムが豊富であれば、販路拡大しやすく事務処理の労力や時間の負担も増やさず、利益や売上を伸ばせる仕組みができます。

販路拡大しても代行・業務委託する必要がないので、個人情報漏洩のリスクもなく安心して 複数店舗運営が行えます。

まとめ:低コストで安心・安全ならくらく在庫で業務効率化!

今回は、ネットショップの在庫管理を代行・業務委託するときの注意点、そして代行・業務委託する前に見直す施策についてお話しました。

当社の提供する「らくらく在庫」であれば、販売数が増えた際や複数店舗運営においても代行・業務委託せず、低コストで在庫管理を行えます。

対応するモール・カートシステムも豊富で、サポートもメール・電話で対応しており安心して負担なく日々の在庫管理を業務効率化できます。

現在、「すべての機能を無料で利用可能な30日間のトライアル」を実施しておりますので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

合わせて、らくらく在庫を導入する際の料金シミュレーションもできますので、事前にぜひチェックしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がネットショップの在庫管理を代行や業務委託に任せるかお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます