ECサイトの在庫管理はむずかしい?初心者向けに知っておくべきポイントを解説!

ネットショップ運営を始めたものの、在庫管理のやり方がよくわからずスムーズに管理できないなど、在庫に関する課題に直面することがあります。

まずは、在庫管理の課題を明確にし、よくわからないという状況を放置しないということが大切です。

大半の課題は、在庫管理システムで自動化 することで在庫調整もスムーズになり解決する可能性が高いです。

今回は、ECサイトの在庫管理がむずかしいと感じる理由、そしてECサイトの在庫管理で初心者の方が知っておくポイントについてお話します。

ECサイトの在庫管理がむずかしいと感じる理由

はじめに、ECサイトの在庫管理がむずかしい、スムーズにいかない理由について簡単に説明します。

在庫管理自体が目視によるチェックや手入力のまま

ECサイトの在庫管理は「ひとつひとつは単純な作業」ですが、目視によるチェックや手入力のままだと、だんだん煩雑になっていきます

例えば、商品や注文数が増えてくると手作業では効率がわるく「在庫数が合わない・なんだかスムーズにできない」という状況に陥ってしまいます。

日々の業務に支障が出ない程度の事務処理であれば課題と認識しづらいですが、EC事業として利益の最大化を目的とするのであれば、手動から自動化に切替えることをおすすめします。

売れてるショップ・競合などの最適化や施策を知らない

売れてるショップや競合がどのような施策やシステムなどで在庫管理の最適化を行っているのか、情報収集できていないことも原因です。

また、手作業で対応できる範囲だからと考えていると、システムのコストより人件費の方が高いことにも気付かずにいるかもしれません。

日々、忙しさに追われてしまうのは、何かしら非効率な部分がある可能性が高いので、売れてるショップや競合の施策もしっかりチェックしましょう。

EC向けと物流を含めた在庫管理システムの違いがわからない

在庫管理に関してネット検索をしていると、EC向けの在庫管理システムだけでなく、POSシステムなど物流も含めた在庫管理システムが検索結果に表示されます。

システムの違いがわからないままの状況では、選びきれず、悩むだけで先に進まなくなってしまいます。

また、ショップによっては不要な機能やオプションなどもあり、在庫管理以外にコストが発生し利益が目減りしてしまう可能性もあるので、十分違いを理解しておきましょう。

ECサイトの在庫管理で初心者が知っておくべきポイント

次に、ECサイトの在庫管理で初心者が知っておくこと、システムを選ぶポイントについて解説します。

エクセルなど手作業の在庫管理は自動化する

手書きによる帳簿、エクセルによる在庫管理など目視によるチェックや手入力が多い場合は、ヒューマンエラーが起こりやすいです。

ヒューマンエラーは売り越しのリスクも高くなるので、システムに任せられる部分は自動化して業務改善していくことが大切です。

自動化できる在庫管理システムを導入することで、複数店舗運営においても売り越しのリスクが低くスムーズな在庫調整が可能になります。

ECに特化した在庫管理システムを選ぶ

手作業の在庫管理から卒業するには、ECに特化した在庫管理システムを選ぶことが大切です。

在庫の自動調整、在庫切れの通知、主要なモールやカートの連動など、「EC事業を運営する上で欠かせない機能があるか」をチェックしましょう。

ECに特化した在庫管理システムであれば、取引数や商品数、店舗数が増えても事務処理の負担は増えず、業務効率化できます。

サポートが充実・対応モール数が多い提供元を選ぶ

EC初心者やあまりIT関連に詳しくない場合は、在庫管理システムのサポートが充実し、相談しやすい提供元を選びましょう。

メール以外に電話やオンラインなどしっかりとしたサポートがあれば、システム導入や運用の際も安心です。

また、今後のEC需要を考えると、販路拡大した際にも対応モール数が多く越境ECも含めた提供元を選ぶことで、利益を伸ばせる仕組みが整います。

まとめ:在庫管理は自動化で解決!らくらく在庫は無料トライアル有り!

今回は、ECサイトの在庫管理がむずかしい、スムーズにいかない理由、そしてECサイトの在庫管理で初心者が知っておくべきことについてお話しました。

当社の提供する 「らくらく在庫」であれば、手作業の在庫管理から、EC特化の在庫管理システムによって自動化され手間や時間も大幅に削減できます。

在庫の自動調整、在庫切れの通知、各種ECプラットフォームやカートシステムとの自動連携などECに特化しています。

また、対応モール数も多く、複数店舗運営や越境ECなど新規顧客の獲得や販路拡大にも有利な体制で売上を伸ばしていくことが可能です。

現在、すべての機能を無料で利用できる30日間のトライアルを実施しておりますので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

合わせて、らくらく在庫を導入する際の料金シミュレーションもできますので、事前にチェックしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がECサイトの在庫管理にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます