ECショップが儲からない原因や理由とその解決方法

ECショップを運営しているけれど儲からない!とお悩みではありませんか。正直な所、せっかくECショップを運営していても儲からない=モノが売れないとつまらないですし、モチベーションも下がってしまいます。今回はECショップだけでなく、楽天やアマゾンなどのモールで物品販売をしていて「儲からない!」と感じた時に押さえて置きたいポイントや解決方法についてご紹介します。

ECショップが儲からないと感じたらチェックすべき5つのポイント

ECショップを運営していて儲からないと感じたら、まずは下記の5つのポイントについてチェックしてみましょう。

1.品数が少ない
2.アクセスが少ない
3.需要を掴んでいない
4.競合が多い
5.在庫切れで機会損失がある

どの項目も基本中の基本、ECショップやネットショップを運営する上で押さえるべきポイントです。それぞれの項目について解決方法と共に簡単に説明します。

1.品数が少ない

ECショップにおける品数とは純粋に商品ページの数に直結します。そして商品ページの数が少なければ検索エンジンからの流入が見込めません。

例えば同じような商品を販売している競合の方が品数が豊富であれば、他の商品ページを経由してそちらで買われてしまう可能性があるということです。

解決方法としては品数を増やすこと、もしく商品ページを増やすのではなく、コンテンツマーケティングなど、他のコンテンツを増やして商品ページへの導線を考えるのがおすすめです。

2.アクセスが少ない

ECショップではアクセスによって売上が増減しやすいです。例え品数を増やして商品ページが増えたとしてもECショップのサイト自体のアクセスが少ないと、商品ページすら見てもらえません。

解決方法としてはアクセスを増やすためにどうするべきか考えることです。どちらにしてもいきなりアクセスが増えるというのは難しいので、焦らず、諦めずにじっくりとサイトを育てるのがおすすめでもあります。同時に少ないアクセスから確実に購入してもらえるようなサイトデザインや構成を意識してみましょう。

3.需要を掴んでいない

ECショップでは需要を掴めるかどうかがとても重要です。例えば、人が欲しくならない商品を取り扱っていても売れ残ってしまいます。また、需要は一過性の人気、ブームや流行、季節や時節に応じて変化があるのも確かです。

解決方法としてはしっかりと市場調査やリサーチを怠らないことが挙げられます。今、何が人気があるのか、他が取り扱っていないけれど売れるモノは何かなど、ある程度戦略を立てるのがおすすめです。また、必ずしも人気のない商品が売れないということではなく、品物によってはいくらお金を出しても買いたい!という商品も少なくないので、ニッチな商品の取扱いについてもある程度検討してみましょう。

4.競合が多い

ECショップを運営していれば、誰でも「売れるモノ」を売りたいものです。しかし、競合が多い商品ばかりですとアクセスの多い他のECショップに負けてしまいます。

解決方法としてはメジャーな商品と共にニッチな商品、ユニークな商品を取り扱ったり、SNSやブログなどで少しずつ認知を広めたりしながら、ECショップのファンを増やすのがおすすめです。また、商品の価格で競合に打ち勝とうとしたくなる場合がありますが、安易な値下げはおすすめできません。価格競争となれば売上が増えても利益が上がらなくなってしまうので注意しましょう。

5.在庫切れで機会損失がある

ECショップで売上に致命的な打撃を与えるのは「在庫切れ」です。せっかくアクセスしてくれたユーザーがガッカリするだけでなく、別のECショップやショッピングサイトで購入されてしまうと「このサイトはもう使わないようにしよう」とネガティブな印象を残すだけになってしまいます。

解決方法としては在庫管理を徹底する方法が確実です。余裕を持って在庫を持つことや、仕入れから手元に納入される時間などを管理して、品切れ、売り切れの期間を少しでも少なくしましょう。また、可能であれば「現在は品切れですが、お問い合わせいただくことで◯◯日以内に在庫を確保させていただきます。」といった形でユーザーからアクションしやすい余地を作っておくことも検討してみてください。

まとめ:ECショップが儲からない時は基本を押さえよう!

ECショップが儲からない時の原因や理由、その解決方法をご説明しました。どの項目も基本中の基本であり、ECショップ運営で忘れてはならないことです。

そして、商品を売るためには、商品を売っていることを認知してもらう必要があります。認知してもらうためには検索結果からの流入だけでなく、何らかの形で広告しなければなりません。今ではSNSやブログによって簡単にコンテンツマーケティングを導入できる時代です。

認知してもらう=アクセスを増やして、最終的に商品ページの購入画面に遷移、決済が完了されるまでの導線をしっかりと考えてみましょう。

特に在庫切れでお悩みの場合は当社の提供する「らくらく在庫」にて確実に解決することが可能です。興味を持たれた場合はぜひともお気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事がECショップやネットショップ、インターネット販売される方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます