Amazonと他のECサイトの在庫の連動で悩んだ時の解決策

Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングやその他のカートシステムなど、さまざまなモール・カートでEC店舗を運営している時「売れたら他の店舗でも在庫が連動して減ればいいのに」と悩むことがあります。

結論から言えば複数のモール・カートの在庫をシステムで自動的に連動する方法はあります。
しかし、知らなければ悩み続けることになりかねません。

今回はAmazonと他のECサイトの在庫の連動で悩んだ時の解決策をご紹介します。

Amazonと他のECサイトの在庫数を合わせるのが大変な理由

はじめにAmazonと他のECサイトの在庫数を合わせるのが大変な理由を今一度把握しておきましょう。

商品数が多ければ多いほど事務作業が増える

Amazonや他のECサイトと在庫連動で悩むということは、ある程度の規模のEC事業を運営している状況と言えます。

すなわち、商品数が多い状態ということです。そしてEC系事業は商品数が多ければ多いほど、利用するモールやECシステム、カートシステムが増えるほどに事務作業も増えるものです。

単に在庫数を合わせるといっても、例えば100商品、3つのモールを管理するだけでも、最低でも300回のチェックが必要となると考えると大変な労力であることがわかります。

また、Amazonの管理画面は楽天やYahoo!ショッピングと大きく異なる点がいくつかあるため、手作業での管理や目視によるチェックなどの労力を多く要することがあります。

在庫数と適切なコスト管理が重要

過度に在庫を抱えることは物理的なスペースの費用が増大するというリスクがあります。

そして、適切に入出庫できなければ、在庫が切れて機会損失になるというジレンマも存在します。

一見単純そうな事務作業でありながら、EC事業の根幹を担うのが在庫の管理であり、決して手を抜いてはいけない部分でもあるのです。

運営側とユーザー側の機会損失を伴う可能性も

運営側としては在庫の管理ができていないことで売上を逃すという機会損失があります。
一方、ユーザー側としても欲しい物が欲しいタイミングで手に入らないと、残念な気持ちを抱いたまま他の店舗で購入することになます。

Amazonも含めて他のECサイトと在庫が合わないという単純そうなことでも、これだけの影響があることを考えると可能であれば在庫を連動させるた方が良いことが理解できるかと思います。

Amazonと他のECサイトの在庫の連動で悩んだ時の解決策

次にAmazonと他のECサイトの在庫連動で悩んだ時の解決策をご紹介します。

在庫管理システムを導入しよう

まずは在庫管理システムを導入することを前向きに検討しましょう。紙の帳簿やExcelによる管理では限界があるからです。

ただし、在庫管理システムによっては対応しているモールやカートシステム、ECサイトが異なることを覚えておいてください。

例えば、現時点ではAmazonと楽天、そして自社構築、運営のECサイトのみであり、それらに対応していたとしても、他のECサイトやカートシステム、モールに対応していなければ、将来的にEC事業を拡大できないからです。

在庫管理システムを導入する時は対応するカートやモールが多いものを選びましょう。

在庫管理システムに合わせた業務体制の確立

在庫管理システムに任せるべきことは任せること、そして属人化させないことを前提に新しい業務体制の確立を目指しましょう。

在庫管理システムを導入したのに、前後の作業や業務で手作業や目視によるチェックを増やすようなことは避けるべきです。

もちろん、人の目によるチェックは大切ですが、チェックの回数を極力少なくすることが大切です。

在庫管理システムは情報の共有と一元管理も可能に

在庫管理システムによってはクラウドやオンラインでシステムにアクセスできるものもあります。
すなわち、昨今、必要とされているリモートワークやテレワークなどの在宅ワークでも在庫管理が可能になるということです。

あとは社内や組織内の連絡体制をきちんと整えることで、必要最低限の人員でEC事業を円滑に運営できます。

もちろん、顧客情報や機密情報に属する部分などは権限の割り振りが必要ですが、簡単な部分においては誰でもすぐに対応できるようにすること、イレギュラーな事態でもマニュアルなどで共有することで、ユーザーを待たせない、機会損失しにくい業務体制を確立することにつながります。

まとめ:在庫の連動は在庫管理システムに任せよう!

今回はAmazonと他のECサイトの在庫の連動で悩んだ時の解決策をご紹介しました。

在庫管理システムを導入すべきだということはわかったけれど、どの在庫管理システムを使えば良いのか、もしくは既に在庫管理システムを導入しているけれど対応するカートやモールが少なすぎて在庫の連動ができないとお悩みのこともあるでしょう。

当社の提供する「らくらく在庫」であれば、多数のモールやカートシステム、ECサイトに対応しております。アマゾン、楽天の他、WordPressで構築した自社ECサイトなど、ほとんどのEC事業に対応できますので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がAmazonや他のECシステムを利用しながらEC事業を運営されている方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます