MakeShop(メイクショップ)と他のECサイトやカートシステムの在庫を連動する方法

MakeShopはどのようなECサイトを構築できるのか、どのような機能があるか、またはMakeShopを利用したいけれど、他のECサイトの在庫管理で手一杯で利用できずにお悩みではありませんか。

EC事業における多店舗及び複数店舗によるショップ運営を目指す場合においてもECサイトやカートシステム、またはショッピングモールとの在庫連動は悩みの種であるのは間違いありません。

今回はMakeShopに関する基礎知識やMakeShopと他のECサイトやカートシステムの在庫を連動する方法をご紹介します。

MakeShopとは?

はじめにMakeShopについて簡単にご説明します。

GMOグループの提供するネットショップ・ECサイト構築サービス

MakeShopはGMOグループの提供するネットショップ・ECサイト構築サービスであり、流通総額8年連続No.1や手数料0%などが特徴です。

全店舗総流通額1,734億円、サービス機能数651個、全稼働店会員数4,400万人などの実績があり、決して知名度が低いサービスでないことがわかります。
※2020年8月時点

すぐにでもEC事業の多店舗/複数店舗運営が可能に

MakeShopはすぐにでもECサイトを開店できるショッピングカートASPのため、既にアマゾンや楽天などでEC事業を展開しており、さらに増やしたい場合にも向いています。

無料体験期間中は費用が発生しないとのことであり、試しに登録して使い心地を確かめるのも良いきっかけになるでしょう。

機能面も充実しておりEC事業の要にも最適

MakeShopは業界最多の651個の機能が提供されており、決済方法も豊富なため、EC事業の要、中核となるECサイトを構築することにも適しています。

昨今ではさまざまなモール、カートシステムがあり、どれにしようか悩むことも増えてきました。MakeShopであれば機能やサポート面も含めて安心かつ安全にECサイトの運営が可能であり、多店舗、複数店舗の運営の場合でも余計な手間暇を増やすことなくECサイトを増やすことができます。

MakeShopと他のECサイトやカートシステムの在庫を連動する方法とは

次にMakeShopと他のECサイトやカートシステムの在庫を連動する方法をご紹介します。

在庫連動は人力ではなく、在庫管理システムを導入しよう

MakeShopと他のECサイトやカートシステムを連動したいのであれば、人力ではなく「在庫管理システムの導入」で事務作業の一部を自動化することをおすすめします。

多店舗の在庫連動を自動化することで、目視によるチェックや手動の入力が大幅に少なくなり、作業負担やストレス、うっかりミスやヒューマンエラーの低減につながります。

在庫管理システムに合わせて作業手順を見直す

在庫管理システムを導入したら、在庫管理システムに合わせて作業手順を見直しましょう。在庫管理システムに任せられる部分はすべて任せて、人的なリソースを確保すべきと言えます。

言い換えれば在庫管理システムは人員不足や人的なリソース不足の場合は特に有効であり、少数精鋭で頑張っているEC店舗の運営に必須となるシステムです。

スムーズな入出庫で在庫切れや機会損失も激減!

在庫を連動することの利点を考えてみましょう。多店舗、複数店舗でEC事業を行っている場合、手元の実在庫と各サイトやモールの在庫が合わなければ、在庫切れや注文を受けたのに商品がないという売り越しの状態、または在庫が切れていることに気が付かないような状態に陥ることがあります。しかし、これらの状態は在庫管理システムによって在庫を連動することで脱却できます。

入出庫もスムーズになり、必要な品数を必要なだけ流通しやすくなるので、在庫切れによる機会損失、そして倉庫などの場所の節約にもつながることが期待できます。

しかし、在庫管理システムのことはわかったけれど、どのサービスを利用すれば良いのかわからない、または在庫管理システムを導入しているけれど、連動する機能がないとお困りの方もいらっしゃるでしょう。

現在、在庫管理システムを導入していない場合や、想定していたような機能がない在庫管理システムを利用している場合であれば、ぜひとも当社の提供する「らくらく在庫」の利用をおすすめします。前述したような在庫切れによる機会損失の削減、スムーズな業務体制の確立が可能とです。ぜひともこの機会にご相談お問い合わせください!

まとめ:EC事業の拡大には在庫管理システムの導入が必須!

今回はMakeShopに関する基礎知識やMakeShopと他のECサイトやカートシステムの在庫を連動する方法をご紹介しました。

実際問題として在庫の連動、在庫管理は在庫管理システムを導入することでほとんどの悩みは解決します。

人力で事務作業することを推し進めるのではなく、楽をできる部分は楽にすることが将来的にEC事業の規模を拡大する場合にも役立つのは間違いありません。すなわち、利益を増やすための基盤を作り上げられるということです。

そのためにも在庫管理システムを導入し、MakeShopを利用できるようにすること、そして多店舗、複数店舗運営をスムーズかつ楽にすることをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がMakeShopを利用してEC事業を拡大したい方、在庫の連動でお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます