ネットショップ運営者が覚えておくべき「在庫の連動」に関する詳細

楽天やアマゾン、Yahoo!ショッピング、またはカートシステムを利用して複数のネットショップ運営をしていると「在庫の連動」について悩むことがあります。

例えば、煩雑な事務作業を軽減したい、ネットショップ運営の効率化や自動化をしたいとお悩みなら、在庫管理システムを導入して「在庫の連動」することで解決できます。

今回はネットショップ運営者が覚えておくべき「在庫の連動」に関する詳細をご紹介します。

「在庫連動・在庫管理システム」とは

まずは在庫の連動や在庫管理システムに関する基礎的な知識を抑えておきましょう。

ネットショップの運営に欠かせないツール

在庫連動・在庫管理システムは複数のモールやカートシステムの在庫に関する業務をサポートするシステムです。

在庫連動・在庫管理システムの機能は各モールやカートシステムの在庫数の調整、売り切れや品薄のチェック、商品の売れ行きや売上などのレポートなどがあり、効率的かつ計画性の高いネットショップ運営を可能とします。

実際にある程度の売上のあるEC事業、ネットショップ運営では欠かせないツールであり、売上を伸ばすためにも必須のツールとして利用されています。

時間的・人的なコストや負担の大幅な軽減

ネットショップを運営する際、必須となるのが商品ページの作成と在庫数の入力が必要であり、いくつかのモールやカートシステムを利用していれば、その都度、各管理画面で在庫の調整をしなくてはなりません。

例えば、アマゾンで商品が売れたので楽天の在庫を減らす、商品が入庫したからアマゾンと楽天の在庫を増やす。単純作業に見えますが、実は商品数や在庫数、そして取扱い件数が増えれば増えるほど非常に煩雑になっていきます。
この作業上発生するミスによって、実在庫がないのに在庫ありで設定されていたり、逆に実在庫があるのに在庫数が0になっていたりすると、結果としてユーザー側の機会損失やクレーム問題に発展することもあります。

在庫連動・在庫管理システムを導入することで、煩雑な事務作業が軽減されること、時間的および人的なコストや負担の軽減にもつながり、適切な人員配置で効率的に業務を進められます。同時に在庫数という売上に直結する部分の数字が的確かつ正確になるというのは大きな利点として覚えておきましょう。

EC事業を拡大するための複数店舗/多店舗運営に必須

EC事業においてはモールやカートシステムを利用した複数店舗運営によるショップ数、商品の販売件数、取扱い数を増やせば増やすほど売上が増加します。しかし、人員や時間のことを考えると無制限に増やすことはできません。そこで在庫連動・在庫管理システムを導入することで、人員を増やさずともショップの数は増やせますし、商品数や取扱い件数が増えても対応が可能です。売上を伸ばすための業務体制や作業手順の最適化につながることから、EC事業やネットショップ運営の売上増加や事業拡大するためには必須と言えるでしょう。

初めて「在庫連動・在庫管理システム」を導入する際の注意点

次に初めて在庫連動・在庫管理システムを導入する際の注意点をご説明します。

対応するモールやカートの数

在庫連動・在庫管理システムには必ず対応するモールやカートの記載があります。

対応する数が少なければ将来的にショップを増やすことができず、EC事業の拡大には向いていません。

複数店舗運営のメリットは各モールやカートで集客の入り口を増やせることです。また、楽天やアマゾン、Yahoo!ショッピングなどのモールごとに行ってる集客の恩恵があり、既に登録しているユーザーの取り込みにもつながります。可能であれば有名なモールやカートと在庫連動・在庫管理ができるツールを選ぶことを意識しましょう。

ネットショップ運営をサポートする機能の数

在庫連動・在庫管理システムごとに備えている機能が異なるという点も留意すべきです。

例えば、在庫の連動はするけれど品薄や売り切れのチェックがしにくい、または売れている商品の把握がしにくい場合、効率的に利益を上げるための販売計画が崩れてしまいます。

どのような機能があり、どのような形で機会損失を減らせるのか、運営上の課題とシステムの機能を吟味しましょう。

実際に業務や作業に組み込みやすいか

在庫連動・在庫管理システムは操作性やユーザーインターフェースがツールごとに異なります。実際に業務や作業に組み込みやすいのか、EC事業を行っている環境に適しているかも含めて検討すべきということです。

可能であれば無料トライアルなどを利用して、実際の使い心地を試すこと、同時に実務で利用する担当者に試してもらうことをおすすめします。

まとめ:在庫連動・在庫管理システムに悩んだら「らくらく在庫」がおすすめ!

今回はネットショップ運営者が覚えておくべき「在庫の連動」に関する詳細をご紹介しました。

EC事業の拡大や将来性を確保するためにも在庫連動・在庫管理システムが必須のツールです。同時に最適化や効率化、売上の増加、コストの削減を実現し、無理なく、無駄なくネットショップ運営を行うことができます。

しかし、在庫連動・在庫管理システムの導入を検討する際、どれを利用すれば良いのかわからず、悩んだまま導入できないというケースがあります。

当社の提供する「らくらく在庫」は対応するモール、カートシステムも豊富であり、ネットショップ運営をサポートする機能も充実しています。

無料診断や無料トライアルも提供しておりますので、この機会にぜひご相談、お問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がネットショップを運営されている方、在庫管理や在庫の連動でお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます