【初心者向け】ECサイトを構築したらすぐに導入すべき在庫管理システムについて

新型コロナウイルスの影響により小売のDX推進が重視され、ECサイトを構築してオンラインで利益や売上を作ろうというお店が増えてきました。

ECサイトを構築することによって新しい収益源となり、新規でWebマーケティングを展開することが、売上や利益にポジティブな影響を期待できるのも確かです。

同時にIT初心者の方が軽い気持ちでECサイトを構築してしまうことで、在庫の問題や課題に直面してしまうというパターンに陥ってしまうことがあります。

今回はECサイトを構築したらすぐに導入すべき在庫管理についてご紹介します。

ECの初心者が気が付きにくい在庫管理の重要性に関する3つのこと

はじめにECの初心者が気が付きにくい3つのことを見ておきましょう。

在庫切れによる機会損失

ECサイトは在庫切れの商品を把握しておかなければ機会損失が続いたままの状態と言えます。急にニーズが増えてしまうことで対応しきれないこともあるでしょう。

しかし24時間365日営業しているECサイトではリアルタイムで在庫状況を把握することが難しく、夜に注文が殺到し翌日に在庫を確認したらもう在庫がなかった、ということも起こりえます。

ECサイトおよびオンラインショップを運営する側としても在庫を確保していれば売上となり利益を確保できたのに、在庫の把握が追いつかず在庫切れが続くことで機会損失してしまうことは避けたいでしょう。

在庫が合わないことによる機会損失

ECサイト、特に複数モールに出店している場合は、実際には在庫があるのに在庫切れ表示になっているパターンや、実在庫がないのに在庫があるかのような表示になってしまうパターンが多々発生します。

すなわち、実在庫があるのに売れない、実在庫がないのに売ってしまったなど「利益や信頼を損ねる」パターンであり、EC事業を運営するなら絶対に避けたい事柄です。

なぜなら、最終的な消費者からすれば、全くのオリジナル商品でない限りは「他でも買える」という判断と「ここのショップは注文しても在庫がないと言われるからここで買うのはやめておこう」というネガティブな考えを持つ可能性があるからです。

在庫が合わないという問題は限りなくゼロにしなくてはなりません。

在庫を抱えるためのコストと流行り廃り

在庫切れや在庫が合わないことに加えて、在庫を抱えるためのコスト、そして商品の流行り廃りにも対応しなくてはなりません。

在庫を長く抱えるということは、その分、維持するためのコストを支払い続けているということはECサイトでも同様です。

適切な在庫管理をしていないと在庫状況が把握できず、目に見えにくいコストに利益が圧迫され「そこそこ売れているのに儲けが出ない」という状況を作り出すことになりかねません。

ECの初心者が在庫管理システムを導入すべき理由

次にECの初心者が在庫管理を導入すべき理由をご説明します。

在庫を合わせるための事務作業が軽減=時間と人的資源の確保

在庫管理は取扱い件数(商品数×商品ごとのバリエーション数×ECサイトの数)の分だけ事務作業が増えていきます。

在庫管理と一言にいっても、単に目視によるチェックや人力でのデータ入力作業を増やすということだけではありません。DXの推進を考えるとECサイトの運営に適した在庫管理システムを導入し、システムが在庫管理や在庫連動をするのが一番の近道であり、何よりも「楽」です。

在庫を合わせるための事務作業が軽減される他、軽減された時間的なリソースおよび人的リソースを他の業務に回せるので、総合的なコストダウンも期待できるでしょう。

うっかりミスやヒューマンエラーによる機会損失の低減

在庫管理は主に数字を扱う作業です。人力でのデータ入力作業の場合、うっかりミスやヒューマンエラーによって実在庫とECサイトの在庫が一致しないことが起きます。

在庫管理システムを用いて在庫を管理・連動することで、これらの課題は簡単に解決できます。言い換えれば、マンパワーを利用するためのコストではなく、システム面にコストを支払うことで効率化や最適化を行う形です。

簡単な事務作業は在庫管理システムに任せることで、店舗運営の効率化をはかれます。

将来的に複数店舗/多店舗運営によるEC事業の拡大も可能に

ECサイトが軌道に乗り始めると、複数のモールに出店しさらに売上や利益を確保しようと考えます。
在庫管理システムで在庫を連動する仕組みを初期段階で導入しておけば、複数店舗出店によるEC事業の拡大もスムーズに行なえます。

EC事業は幅広く拡大することで、新たな顧客層の創出にもつながることから、複数店舗や多店舗による拡大は効果的であるのも確かです。今すぐではなくても、複数店舗運営を可能とする土台を手に入れておくのがおすすめです。

まとめ:在庫管理にお悩みなら「らくらく在庫」がおすすめ!

今回はECサイトを構築したらすぐに導入すべき在庫管理についてご紹介しました。

在庫管理や在庫連動の重要性は理解したけれど、どの在庫管理システムを導入すれば良いのかわからずお悩みの状況ではないでしょうか。

当社の提供する「らくらく在庫」は主要なモールやカートシステムとの在庫連動が可能な在庫管理システムですので、初めてECサイトやEC事業を運営する方に非常におすすめです。

らくらく在庫の導入診断もご用意しておりますので、下記URLリンクよりお試しの上、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください!

在庫管理を行うための簡単無料診断!2分で最適なプランを提案します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がECサイトを初めて運営する方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます