在庫管理の費用やコストはいくら?無料診断で具体的な見積りをチェック!

自社ECサイト、ショッピングサイト、各モールへの出店などオンライン販売を運営していると、業務の効率化や作業負担の軽減が悩みになりがちです。

しかし、EC事業に役立つツールは規模や商品数によって費用感や相場が変動するため、具体的な金額やコストの算出ができずに、導入前に諦めてしまうことがあります。また、コストに見合った機能が提供されるのか不安になることもあるでしょう。

今回はそれらの悩みを解決するために、「在庫管理」に特化したツールの費用やコストがいくらなのか、無料診断で具体的な見積りをチェックする方法や在庫管理ツールの導入をおすすめする理由をご説明します。

在庫管理ツール導入時の悩みや導入が進まない理由

まずは在庫管理ツール導入時の悩みや導入が進まない理由や解決する方法を今一度チェックしてみましょう。

コストや費用感、相場のチェックをしている時間がない!

これはどの業種にも言えることですが「そもそも業務の効率化や改善となるツールの存在を知らない」もしくは知っていても導入に踏みきれないことがあります。

大抵の場合は既に日々の業務における作業の流れや手順が決まっており、それが効率的なのか非効率なのかわからず、定着してしまうことが原因です。

こうした状態では新たにツールのコストや相場をチェックしようという意識も生じづらいと思います。

しかし、数百件ある数値を電卓で計算するより、エクセルの表計算で関数を使う方が圧倒的に早いことは誰にでもわかるはずです。

まずはこうした「気づき」を得ることから意識改革を行い、「業務改善となるツールを探す」という時間を少しずつ作ってみましょう。

コストに見合った機能が提供されるか不安!

次に、便利なツールがあることがわかっていても、コストや相場が分からず、実質的なコストパフォーマンスの予測ができず導入が進まないということがあります。

誰しも無駄なコストはかけたくないので、面倒でも自分で手作業や目視によるチェックをなかなかやめることができません。

しかし、非効率のままでは生産性もあがらず、いつかは限界がやってきます。リソースは有限なので、本来やるべき仕事をする機会も失い続けることにもなります。

ほとんどの有料ツールは手作業と比べると大幅に業務効率化を可能とするものなので、コストに見合った機能が提供されるのか、不安になり過ぎる必要はありません。

無料診断コンテンツで具体的な見積金額がわかる!

当社の提供する「らくらく在庫」では無料で見積りが可能な「導入診断」の提供を開始しました。

利用しているカート・モールなどのサービスの数、商品数などEC事業の規模に合わせてクリックするのみで完結しますので、ぜひともお試しください。

【2分でかんたん無料診断はこちら】

また、コストや費用感を把握した上で、在庫管理ツールの利便性を理解いただけると、業務改善や業務効率化の推進になりますし、導入するかどうか悩む時間も少なくなります。

もし、コスト的に見合うと感じたら、まずは迷わずにお問い合わせ、ご相談ください。

在庫管理ツールの導入をおすすめする理由

さいごに在庫管理ツールの導入をおすすめする理由をご説明します。

在庫管理を自動化し事務作業の負担を軽減

在庫管理ツールを導入することで、EC事業における事務作業の一部の自動化が可能となり、事務作業の負担が削減されます。

事務作業の負担を削減=リソースの確保となり、同時にうっかりミスやヒューマンエラー、ケアレスミスの低減にもなりますので、ストレスの削減にもつながります。

また、事務処理が自動化されることでスムーズな流れとなり、売上までの時間の縮小、利益の最適化にも効果が発揮されます。

多店舗・複数店舗のEC事業を一元管理

在庫管理ツールではECモールやカートシステムなど、各サービスを越えて、在庫管理の一元化が可能となり、多店舗、複数店舗によるEC事業を最適化します。

在庫管理ツールによって対応するモールやカートシステムが異なりますので、利用しているサービスに対応しているか必ずチェックしましょう。

当社の提供する「らくらく在庫」の無料の導入診断をご利用いただければ、すぐに対応しているモールやカートがわかりますので、費用の見積り時に対応状況についてもチェックしてみてください。

まとめ:無料診断でコスト面の不安を解消しよう!

今回は在庫管理ツールの導入をおすすめする理由やコスト面の不安を解消するお話をしました。

もちろん、必ずしもすべての有料ツールがコストパフォーマンスに優れているとは言えません。なぜなら、ツールが提供する範囲や機能と、企業や組織側が必要とする範囲や機能に相違があれば、やはり不要な機能及び範囲の分、または使いこなせない機能の分、割高に感じてしまうからです。

当社の提供する「らくらく在庫」であれば、EC事業における在庫管理に特化しており、無駄のない設計と必要な部分の機能についても使いやすくわかりやすいUIでデザインしております。

無料の導入診断をした上で、ぜひとも無料トライアルのご利用、またはツールの利用を検討してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が在庫管理ツールの費用感や具体的な金額がわからず、導入すべきかどうか悩んでいた方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます