在庫の連動でネットショップの「品切れ・在庫切れ」の悩みを解決!

ECサイトや各モールへの出店など、EC事業を運営する人の中には「在庫管理システム」を知らない方がいらっしゃいます。

在庫管理システムを導入しているとしていないでは、品切れ時の影響や在庫補充の手間に大きな差が生じます。

今回は在庫管理システムに関する基礎知識や品切れや在庫切れによるネガティブな影響についてご紹介します。

在庫管理システムに関する基礎知識

はじめに在庫管理システムに関する基礎知識について見ておきましょう。

在庫管理システムとは

在庫管理システムとは実在庫とネットショップの在庫を一元管理するシステムを指します。

在庫数を連動する機能や商品の売れ具合、品薄の状況、在庫切れ商品の把握などネットショップ運営に必要な機能が備わっており、煩雑になりがちな事務作業を大幅に軽減することが期待できます。

在庫管理における更新作業は定型の作業の繰り返しでありつつも、スピードと正確性を求められるため、正直なところキツい作業と言えます。

同じ作業の繰り返しならばシステムに任せた方がいいでしょう。

在庫の連動についての詳細

在庫の連動とはアマゾンや楽天、ヤフーショッピングなどのモール、または自社ECサイトなど複数のネットショップの在庫を1カ所で管理し、連動することを指します。

例えば、自社サイト・アマゾン・楽天と3つの形でショップを展開していた場合、3つの店舗の在庫と実在庫を一度に管理しなくてはなりません。これらを人力の事務作業で行うのは非常に大変です。

在庫管理システムであれば商品が売れたら、または入荷したら自動的に各サイトの在庫数を更新してくれます。完全に品切れや在庫切れとならないような形で一元管理することができるので、機会損失や利益損失も防ぐことができます。

ネットショップを運営するなら在庫管理システムは必須

スマートフォンの普及によりお客様はさまざまな時間帯にネットショップを利用するようになりました。
24時間365日、在庫管理を行えないと機会損失が発生する可能性が高いのが昨今のネットショップの現状です。
ネットショップで売上を上げるにはシステムによる自動化つまり在庫管理システムは必須でしょう。

在庫管理システムを導入することで、無駄なコストの発生を防ぎ、利益を損ねることなく、ネットショップおよびEC事業の安定的な成長につながります。

品切れや在庫切れによるネガティブな影響とは

次に品切れや在庫切れによるネガティブな影響についてご説明します。

利益と機会の損失となる

在庫管理システムを導入しない店舗ではネットショップ上の在庫数と実在庫数が乖離しやすく、在庫はあるのにネットショップ上では在庫切れと表示され、ユーザーがせっかくページに訪れても買うことができない機会損失と、在庫保持コストが減らない利益減少の状態が続いてしまいます。

売れるときに売るために在庫管理に注力してなくてはいけません。

ショップにネガティブなイメージを持たれてしまう

「あ、これ欲しいな!」と思い商品を購入したけど、実は在庫が切れていて後日お詫びのメールが届いた、なんて経験はありませんか?
この場合、ユーザーは在庫切れで購入できない時より失望するかもしれません。
特別に価格が安い、またはそのお店でしか買えない、など特別な理由がない限り、ネガティブなイメージをユーザーに持たれ客離れにつながってしまいます。

ファンやリピーターの獲得が難しくなる

買いたいのに買えない、いつまでたっても在庫切れというショップでは新規顧客が増えません。
新規顧客が増えなければファンやリピーターの獲得が難しくなります。

在庫管理システムを導入することはファンやリピーター獲得のはじめの一歩につながるのです。

まとめ:ネットショップだからこそ「次」が大事

今回は在庫管理システムに関する基礎知識や品切れや在庫切れによるネガティブな影響についてご紹介しました。

ネットショップを運営するのであれば、在庫管理システムを導入し、事務作業の低減とともに不要なうっかりミスやヒューマンエラーを限りなくゼロにすることが大切です。

ユーザーは商品を買いたいと思っているタイミングだからこそ、在庫数が有るということだけでも強みになります。まずは在庫管理システムを導入し、在庫関連の問題や課題を先に解決しておくことをおすすめします。

もし、在庫管理システムをまだ導入しておらず、どのシステムを選ぶべきかお悩みであれば、ぜひとも当社の提供する「らくらく在庫」の利用をご検討ください。在庫管理に関する機能が豊富であり、事務作業の低減や在庫の連動など、EC事業を助ける仕組みが備わっておりますので、この機会にぜひご相談、お問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が在庫管理システムについて知りたかった方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます