ネットショップの「在庫なし」によるクレームやお詫びを低減する方法

ネットショップにおける課題のひとつに「慢性的な在庫なし」があります。

いわゆる在庫管理が徹底されていない状況であり、ネットショップ運営においてネガティブな要素であるのは間違いありません。

今回はネットショップの在庫なしによるクレームやお詫びを低減する方法をご紹介します。

ネットショップにおける「在庫なし」が悪影響となる理由

はじめにネットショップにおける在庫なしが悪影響となる理由について見ておきましょう。

クレームやお詫びなどネガティブな結果を招く

ネットショップにおける在庫なしは2つのパターンがあります。
実際には在庫があるのに商品紹介ページでの在庫がゼロになっているパターンと、商品紹介ページでの在庫数は1以上になっているのに、実際には在庫がないパターンです。

特に実際には在庫がないパターンではクレームなどネガティブな結果を招きやすく、ユーザー側も「次は別のショップで買おう」と考えてしまう可能性が非常に高いです。

サイレントクレーマーだと無言で他のショップを選ぶ

在庫はあるけれど、商品紹介ページでの在庫が0になっているパターンは、人によっては入荷日を問い合わせたり、予約できないか聞いたりしてくれる可能性はあります。
しかし、サイレントクレーマーの場合は無言で他のショップを選ぶため、利益を損失し続ける結果を招きます。

ユーザー側も購入意欲があり、購入機会を逃したくないと考えるためごく当然のことと言えますが、在庫管理と更新が徹底されていないことによる「在庫なし」の場合はネットショップ運営のあり方が問われる事態と言えます。

運営する側が気付かないことで利益と機会の両方を損失し続ける

どちらの在庫なしのパターンにおいても、運営する側が気付かないことで利益と機会の両方を損失し続けてしまいます。
そもそも、ネットショップは商品を売って利益を上げるのが存在意義です。利益、機会とともに損失となればネットショップを続ける意味がありません。

ネットショップの「在庫なし」によるクレームやお詫びを低減する方法

次にネットショップの在庫なしによるクレームやお詫びを低減する方法をご説明します。

1.システムを用いて「在庫管理」を行う

「慢性的な在庫なし」を解消するためには、まずは目視によるチェックや人力の手入力による在庫管理から卒業しましょう。

そのためにも、まずは在庫管理システムを導入して、システム的に在庫管理するような作業手順、業務体制を整えることが重要です。

2.発注から入庫までの日数を逆算しておく

在庫管理システムを導入したら、次に商品全体の「発注から入庫までの日数を逆算」して、在庫なしにならないようにするためには、どのタイミングで発注するのがベストかを把握しましょう。
在庫管理システムでは在庫がゼロになった場合だけでなく、在庫が品薄になったら(設定数を下回ったら)通知ができるものもあります。通知を上手に利用して、在庫が途切れないように発注できる体制を整えるべきです。

3.商品の売れ行き具合に応じて在庫数を制御する

商品によっては在庫を抱えすぎても売りきれないこともあるでしょう。在庫過多で悩まないようにするためにも、在庫管理システムで商品の売れ行き具合を把握し、それに応じて在庫数を制御するのがおすすめです。
その他、商品によってはひとつで充分なものもありますし、複数点購入しておきたいと考えるものもあります。商品の性質や特性に合わせて、どの程度、確保してくべきかなど中長期的に考えることも忘れないようにしましょう。

まとめ:在庫なしの状況をゼロにすることを目標にするのが大事

今回はネットショップの在庫なしによるクレームやお詫びを低減する方法をご紹介しました。

在庫なしについては、ショップ側、ユーザー側のどちらもメリットがない状況です。いつまでも在庫なしのままではショップとして気に入ってもらうことはできません。何よりも利益にならないのにネットショップを続けるのは時間とコストの両方を浪費し続けるだけになってしまいます。早い段階で在庫管理システムを導入し、在庫なしの状況をゼロにすることを目標にするのが大事です。

もし、どの在庫管理システムを導入すればわからないとお悩みであれば、当社の提供する「らくらく在庫」をご検討ください。在庫の状況を的確に把握できるようになるだけでなく、異なるモールやECサイト、カートシステムであっても自動で在庫を連動する仕組みを備えているため、実在庫と商品ページでの在庫数の差異を常にゼロにできます。慢性的な在庫なしの状況を改善できるだけでなく、煩雑な事務作業を減らし、うっかりミスやヒューマンエラー、ストレスの低減にもつながりますので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がネットショップの在庫管理に悩まれている方のお役に立てれば幸いです。

らくらく在庫は無料でお試しいただけます