在庫管理を自動化し効率のよいネットショップ運営を

最近は複数モールに出店して、販路拡大路線をとるのが当たり前になりつつあります。
ネットショップの仕事は多岐にわたりますが、仕事量に対してスタッフは少ないのが現状です。

在庫管理の仕事量は意外と多い

仮に楽天・アマゾン・ヤフーの3店を運営している場合、楽天で1つ売れたらすぐにアマゾンとヤフーの在庫を1つ減らさなければなりません。
この在庫更新を後回しにすると、在庫がない商品に注文が入り、クレームにつながりかねません。
クレームにはつながらなくても、そのお客様は二度とあなたのお店で買い物はしなくなるでしょう。

店舗数が増えると商品を入荷したときの在庫更新も一苦労します。
3店あれば3回「管理画面にログイン→在庫数入力→更新」を行うことになります。
しかも店舗ごとに管理画面・操作性は異なるので、スタッフの負担は増すばかりです。

在庫管理は自動化できる

ネットショップの在庫数は「売れたら他店も減らす」「入荷したら全店増やす」が基本。
この基本フローを自動化するのが在庫管理システムです。

在庫管理システム「らくらく在庫」は在庫管理のみに特化しているため、
既存の業務フローにシステムを組み込んでもほかのフローに影響が出にくく、導入しやすい在庫管理システムといえます。

システムで在庫管理を行うメリット

では在庫管理システムは具体的にどんなことができるのでしょうか。

1つは、これまでは営業時間中だけだった在庫更新がシステムにより24時間自動で行われることです。

営業時間外に在庫切れが起こっても、素早く各モールの在庫も0に自動更新されるため、欠品商品を売ってしまう「売り越し」が減少し、クレームのリスクを回避できます。

また、 在庫更新のたびに行っている各モール管理画面への「ログイン→在庫数入力→更新」のフローがまるごと消えるので、今まで時間がなくてできなかった他の業務に取り組む時間が作れます。

このように、在庫管理をシステムで自動化すると在庫管理にかかる手間を減らすだけではなく、お客様からのクレーム減少につながります。
また、キャンペーン企画を考える、商品をSNSで宣伝する、など売上アップに費やす時間を生み出せます。

在庫管理システムを選ぶポイント

在庫管理システムはたくさんありますが、どんなポイントで選べばよいでしょうか。

自店のモール・カートに対応しているか

らくらく在庫は楽天・アマゾン・ヤフーなどの主なモール・カートに対応可能です。

また100%内製のため、モール・カートに仕様変更があった場合に、素早く対応しています。
モールの細かな仕様変更はわりと頻繁にあるので、その都度動いてくれる体制が整っていることは重要です。

在庫更新の間隔

間隔が短ければ短いほど、リアルタイムに近い在庫更新を行えますが、
システムによっては更新間隔を短くする際に別料金がかかるものも多く、注意が必要です。

らくらく在庫は売り切れ時の1分間隔での更新が無料で利用できます。

導入実績・サポート

らくらく在庫はリリース後7年以上の実績があり、
多くの店舗で支持されている理由に、他社にはない迅速なサポート体制があげられます。
電話やメールで個別に対応をいたしますので、どんどん頼ってください。

在庫管理を効率化して目指せ売上アップ

在庫管理システムがあることは知っていても、本当に業務が減るのかわからない。
システムは 難しいから無理だと、検討すらせずにいるケースがほとんどかと思います。
しかしネットショップ運営がいつのまにか煩雑になり、管理コストが増える一方です。
少人数で処理しきれない実務量を減らすため、なんらかの方法を検討する時期ではないでしょうか。

らくらく在庫は実際に無料で1ヶ月使ってみて、自店に合うか考えることができます。
スタッフの皆さんで使用感を話し合いながら、在庫管理業務の自動化を検討してはいかがでしょうか。

 

らくらく在庫は無料でお試しいただけます